RAV4の不具合とリコール情報!過去には何があった?

下取りは必ずクルマ買取りオークションを使うこと!

失敗せずにしかも、
納得がいく金額

下取り車をどこよりも高く売る方法
そのワザというのが!
クルマ買取りオークションを利用する事なんです。

愛車を高く売るには
買取り業者を数社まわる必要が
あるんです!

これができるのが、
クルマ買取りオークションなんです。

クルマ買取りオークションは
一回の査定で最大5000社以上の店舗から
買取のオファーが受けられるサービスなんです。

あなたの愛車を高値で売る
新しい買取りサービスになります。

ディーラーで30万円しかつかなかった
下取り車が買取りオークションでは
60万円や70万円になることは
多々あります。

過去には50万以上高く売れることも…

⇩無料診断してみる⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩


旧型が米国で人気の高いRAV4ですが、ついに日本でも復活になりました。
そこで気になるのが過去にどんな不具合やリコールがあったのかということですよね。

今回は旧型RAV4で起きた不具合やリコールについてまとめてみました。
新型RAV4の購入検討をされている方の参考になればと思います。

スポンサードリンク

RAV4の過去にあった不具合とサービスキャンペーン情報

引用:https://toyota.jp
2005年から2016年に日本で販売されいていた3代目RAV4の不具合についてまとめていきます。
少し古い情報になるので、ネット上で情報を集めた結果、1つの大きな不具合がありました。
それぞれの不具合とそれに対するサービスキャンペーン情報を説明していきます。

サービスキャンペーンとは・・・

リコールや改善対策に該当しないもので、商品性の改善等のために、国土交通省に通知し、サービスキャンペーンという名のもと実施しています。


RAV4の不具合は「オイルの異常消費について」です。
これについては不具合としてネット上に書き込んでいる方が大変多かった印象です。
オイル漏れが無いのにオイルの減りが異常に速く、ディーラーの対応も初期のうちはオイルを足しての応急処置が主であったようです。
車内にオイルの臭いがしてきてしまうケースもあったり、車内までは臭わなくても車から降りると臭ったりしたようです。
このオイルの異常消費の原因は信号や一時停止前などでのエンジンブレーキ時に燃焼室内に過度の負圧がかかり、オイルが燃焼室内に吸われてしまい、そこで燃焼してしまい消費してしまうことが原因で起きた不具合でした。

このオイルの異常消費についてはピストン・ピストンリングの交換と保証期限を5年から9年へ延長をサービスキャンペーンで対応されましたが、地域によっては交換部品の供給が間に合ったおらず、修理までに最大2ヶ月かかった方もいらっしゃったようです。
ピストン・ピストンリングの交換後はエンジンオイルの減りは通常に戻り、正常動作するようになったという書き込みが多くされていました。
引用:https://toyota.jp
人気が高い車種だけにこのような不具合の影響を受ける人は多く、がっかりしてしまっている方も多くいらっしゃいました。
新型RAV4ではこのような不具合が起きないことを祈るしか無いですね。

関連記事➡RAV4の安全性能!新型に搭載の自動ブレーキの安全性

スポンサードリンク

RAV4のリコール情報!過去のリコールには何があった?

引用:https://toyota.jp
旧型RAV4のリコールについてです。
リコールとは製品の欠陥を生産者が公表し、製品をいったん回収して無料で修理することです。
無料の修理とは言えど何度もディーラーに足を運び修理をしてもらう手間や時間を考えると、自分の購入した車種のリコールはなるべく避けたいですよね。

引用:https://toyota.jp

2005年11月から2016年7月まで約11年間もの間販売されていた旧型RAV4(3代目)には計4回のリコールがありました。
順番に旧型RAV4のリコール情報を見ていきましょう。

まず最初のリコールは発売後間もない2006年1月20日に起きました。
このリコールでは前輪用コイルスプリングの塗装前に行う洗浄が不十分であったことにより、長期間の使用でコイルスプリングに錆が発生し、最悪の場合スプリングが折損し走行不能となる恐れがあるとのことでした。
これについての改善策は全車両でコイルスプリングの交換対応となりました。
引用:https://toyota.jp
2度目のリコールは販売開始から9年が経過した2014年4月10日に起きました。
このリコールではステアリングの電気配線が不適切であり、配線がエアバッグと干渉し摩耗、最悪の場合エアバッグが作動しないというものでした。
これについての改善策は全車両でスパイラルケーブルの交換対応となりました。

関連記事➡RAV4のオイル交換時期はいつ?適正オイル量とオイル粘度は?
引用:https://toyota.jp
3度目のリコールは同じく2014年11月28日に起きました。
このリコールは運転席用のエアバッグの膨張装置に欠陥があり、ガスが外気により膨張し、最悪の場合膨張装置が破損して飛び散り、ドライバーが負傷するというものでした。
こちらのリコールも全車両でエアバッグの膨張装置の交換対応となりました。
引用:https://toyota.jp
最後のリコールは2015年5月13日に起きました。
エアバッグの膨張装置にまた不良があり、エアバッグが正常に作動しない可能性が高いというリコールでした。
こちらのリコールも全車両膨張装置の交換対応となりました。

スポンサードリンク

米国でRAV4が大人気!では不具合とリコールは?

引用:https://toyota.jp
日本以上にRAV4の人気が高い米国でのRAV4。
米国では過去にRAV4の不具合によるリコールは起きていたのでしょうか?
ここでは米国でのRAV4の不具合とリコール、それに対するトヨタの対応についてまとめていきます。

関連記事➡RAV4新型のリセールバリューと下取り価格を大胆予想
引用:https://toyota.jp
米国でのRAV4の大きなリコールは2つありました。
1つ目は「ワイパー」の問題、2つ目は「シートベルトの不具合」問題です。

まずは「ワイパー」の問題について詳しく見ていきましょう。
このリコールは2015年9月17日にトヨタ自動車の米国販売会社「トヨタ・モーター・セールスUSA」が米国のRAV4約42万3,500台が対象になると発表しました。
このリコールの対象となったモデルは2009年発売モデルと2012年発売モデルの電気自動車であり、すべて無償修理対応となっています。
不具合の内容ですがワイパーの問題で運転手の視界が悪化、事故リスクを高める可能性が高いというものでした。
無償修理の対応内容はワイパーのリンクやモータークランクアームなどの交換でした。

次に「シートベルトの不具合」の問題について詳しく見ていきましょう。
このリコールは2016年2月18日に発表されたリコールで、対象になった台数は112万4,000台でした。
2006年〜2012年モデルのRAV4と2012〜2014年モデルのRAV4 EVが対象となりました。
不具合の内容ですが、後部座席の金属製フレームの形状が不適切で事故の際にフレームとシートベルトが損傷し、乗員を拘束できなくなる可能性があるというものでした。
事故が起きた際に車内に体が浮いてしまうということですので、大変な不具合です。
こちらのリコールも無償修理対応になり、金属製フレームに樹脂製カバーを取り付けて対応する形になりました。

RAV4が値引から更に50万円安くなる!その方法!!

「新車が欲しいでも予算が…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「ディーラーをいくつも回るのは面倒…」
「グレードは下げたくない…」
「査定後のディーラーの売り込みがイヤ」

などなど、
新車の購入を検討してみると
悩みが尽きない…

という方、
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したけど
「聞かれてもわからない」
「ディーラーに行けばいいんじゃない」

と一蹴される始末。

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届くわけではないし。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

⇩⇩無料診断してみる⇩⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩


下取り車を高く売るには?

下取り車である
あなたの愛車を高く売るには
一社だけでなく数社に査定をしてもらう事が
必要になります。

数社というと何社くらいが良いのか
というと、最低でも3~5社!

3~5社回ることで、
相場が見えてくるので
交渉もしやすくなり、
一番高値で提示してくれた
業者に決めることができます。

ですが!!

3~5社回るとなると、
結構な重労働になりますよね。

しかも、査定時間に30分くらいかかります。

そして、
当然その後は営業マンからの
営業が始まります。

スタートは買取り限度額より、
50万くらい安く始まります。

またそのやりとりには、
時間もかかり、押しに弱い人は
断ることもできず、しぶしぶ
売却することにもなりかねません。

ではどうしたら!?

 

⇩⇩無料診断してみる⇩⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩

下取りは必ずクルマ買取りオークションを使うこと!

失敗せずにしかも、
納得がいく金額

下取り車をどこよりも高く売る方法
そのワザというのが!
クルマ買取りオークションを利用する事なんです。

先ほども
お伝えしましたが、
愛車を高く売るには
買取り業者を数社まわる必要があると
おつたえしました。

これができるのが、
クルマ買取りオークションなんです。

クルマ買取りオークションは
一回の査定で最大5000社以上の店舗から
買取のオファーが受けられるサービスなんです。

あなたの愛車の情報が
ネットオークションに掲載され、
最大5000社から買取りオファーが
受けられる新しい買取りサービスになります。

一括査定サイトはもう古い!?

一括査定サイトが少し前に
流行りましたが、利用者の評判が
良くなかったということがあり
今では利用者が減っています。

一括査定サイトは申し込んだ瞬間に
自分の情報が複数の買取り店に渡ってしまう事。

更に、たくさんの業者からメールや電話が
ひっきりなしに来るので、
利用者にとってはかなりの負担となって
いました。。

口コミや評判では
「結構、面倒だった」
「電話がしつこかった」
「断るのが面倒…」

などなど

こういった一括査定サイトの
デメリットを解決し、
更に
手軽に簡単にわかりやすく
高値で愛車を売ることができる
サービス
クルマ買取りオークションの
ユーカーパック
なんです。

⇩⇩無料診断してみる⇩⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩

買取りオークション「ユーカーパック」メリット!

かんたん」「安心」「高く売れる」が
特徴の「ユーカーパック」

メリットは?

・完全無料
・査定は一回きり
・あなたに代わりオークションに掲載
・最大5000社が入札しあう
・査定から売却を代行
・個人情報が公開されない
・営業電話が無い

などなど上げたらきりがないくらいです。

買取店が参加するオークションなので、
買取店同士が競り合ってくれるので、
高い買取価格に繋がります。

ディーラーで30万円しかつかなかった
下取り車が買取りオークションでは
60万円や70万円になることは
多々あります。

過去には50万以上高く売れることも…

更に
マツダRX-7(2002年車)が
150万くらいで売れたら良いと思ったら
311万円まで上がって
ビックリしたなんていう
利用者もいました。

買取りオークションは
買取業者が
あなたの愛車をオークションで
競り合う形になりますので
どんどん金額が上がっていくんです

⇩無料診断してみる⇩
⇩カンタン60秒査定⇩


ユーカーパックが人気の理由

「ユーカーパック」
今、一番高値で
車を売ることができる
と、注目されている
買取オークションサイト
なんです。

ユーカーパック
最大5000社の買取業者
オークションで競り合うサービスです。

あなたは買取りオークション
に車を登録するだけ!

後は買取業者が競り合って
くれるので、結果を待つだけ。

その「ユーカーパック」
人気の理由は

60秒程度でできる
簡単な入力であなたの
愛車の最大の下取り価格が
わかる
こと。

電話やメールが無い
という事。

一番の理由は
どこよりも高い買取り金額を
実現できるという事なんです。

しかも、査定方法は
とっても簡単!

スマホやパソコンがあれば
簡単かつすぐに
査定金額がわかるんです。

この手軽さも人気の秘訣

実際に利用した人が
「ディーラーで30万円だった下取りが
このサイト経由で査定したら50万アップの
80万円になった」

という口コミもあり、
かなりネット上で話題となりました。

「ユーカーパック」は
新しい買取りサービスで
本当に最高レベルの
買取りオークションと言えます。

登録されている買取業者も
「ガリバー」を始め、誰もが知っている
業者や、今まさにその車を
欲しがっている業者など
が多数登録しているんです。
そんな業者が
競い合うんですから
必然的に高値になりますよね。

このサイトを活用し
愛車の下取り価格を上げることで、
実質、値引き額が大きくなったのと
同じことですから、
もう、ディーラーの値引きに
悩むことはないはず。

実際、
ディーラーの値引き価格というのは
実質相場が決まっているんです。

ですから
いくら頑張っても
たいして増えないのが現状なんです。

⇩無料診断してみる⇩
⇩カンタン60秒査定⇩


ディーラーの値引き価格の相場を越える値引きをさせるには?

先ほど、ディーラーの値引き価格は
実質相場が決まっているという
お話をしましたが、
例外があります。

それは、下取りがある場合なんです。

商談時、ディーラーの営業マンは
下取り価格を安くし、
値引き価格を大きく見せるテクニック
を使います。

そうすることで、
損失分を相殺するというやり方を
使います。

ここで大事なのが

あなたの愛車を下取りに
出す予定と伝えることです。

そのうえで、
値引き価格を増やしてもらえば
良いのです。

そして、購入を決める時に、

「やっぱり下取りに出すのは辞めます」

と、こう伝えるだけでいいんです。

営業マンとしては
一度提示した値引き金額を
なかったことにはできませんからね。

この方法の成功事例は
数多く上がっています。

私も営業マン時代、
この方法をとられたことがあり、
上司に怒られるほどの値引を
したことがあります。

この方法が新車を最安値で購入する
必殺の裏ワザなのです。

⇩無料診断してみる⇩
⇩カンタン60秒査定⇩