RAV4のモデルチェンジ予想と時期!先取りマイナーチェンジ情報

下取りは必ずクルマ買取りオークションを使うこと!

失敗せずにしかも、
納得がいく金額

下取り車をどこよりも高く売る方法
そのワザというのが!
クルマ買取りオークションを利用する事なんです。

愛車を高く売るには
買取り業者を数社まわる必要が
あるんです!

これができるのが、
クルマ買取りオークションなんです。

クルマ買取りオークションは
一回の査定で最大5000社以上の店舗から
買取のオファーが受けられるサービスなんです。

あなたの愛車を高値で売る
新しい買取りサービスになります。

ディーラーで30万円しかつかなかった
下取り車が買取りオークションでは
60万円や70万円になることは
多々あります。

過去には50万以上高く売れることも…

⇩無料診断してみる⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩


トヨタの新型RAV4は発売から販売が好調ですが、モデルチェンジやマイナーチェンジの時期が気になります。
今回は過去のRAV4のモデルチェンジやマイナーチェンジの情報から、新型RAV4のモデルチェンジやマイナーチェンジについて予想していきます。

スポンサードリンク

RAV4のモデルチェンジとマイナーチェンジ情報

引用:https://toyota.jp

2019年5月時点ではモデルチェンジの情報もマイナーチェンジの情報もありませんので、過去のRAV4に関するモデルチェンジ情報やマイナーチェンジ情報をまとめ、そこから予測をしていきましょう。

引用:https://toyota.jp

初代RAV4の誕生は1994年5月。
RAV4初めてのマイナーチェンジは2年3ヶ月後の1996年でした。
競合のホンダ・CR-Vやスバル・フォレスターに対抗し、エウポーツエンジンを搭載しボディも3ナンバーへ大型化しました。

引用:https://toyota.jp

2代目RAV4にフルモデルチェンジされたのは2000年5月なので、初代が誕生してからフルモデルチェンジまでの期間は丸6年です。
初代RAV4ではマイナーチェンジで追加された3ナンバーのグレードは、2代目RAV4では全グレード3ナンバーボディになりました。
初代が3ドアがメインで開発されていたのに対し、2代目は5ドアメインで開発されました。
2003年8月に初のマイナーチェンジ、フルモデルチェンジから3年3ヶ月後です。
このマイナーチェンジではエアロスポーツグレードやMT仕様が廃止され、よりターゲット層を絞るようになりました。

関連記事➡RAV4をカスタムするなら、このエアロパーツ!大人気モデリスタ、TRD

引用:https://toyota.jp

3代目RAV4にフルモデルチェンジされたのは2005年11月なので、前回のフルモデルチェンジから5年6ヶ月後でした。
3代目RAV4からは3ドアモデルが廃止され、すべて5ドアモデルになり、ボディサイズはさらに大きくなりました。

引用:https://toyota.jp

最大の違いはこれまで乗車定員が5人のショートモデルと7人乗りのロングモデルが発売されたことです。
2008年9月にマイナーチェンジ、発売から2年10ヶ月のことです。
マイナーチェンジではグレードごとのエクステリアの差別化になりました。

https://autoc-one.jp

4代目RAV4は欧米のみの発売で2013年1月にフルモデルチェンジされました。
この4代目RAV4は日本では未発売となっています。

https://autoc-one.jp

日本未発売の理由は初代からの車体のサイズアップが日本にはあまり人気が出ず、海外からの需要が多くなったことが理由とされています。

関連記事➡RAV4の実際に感じるサイズ感は?トヨタ他車とのサイズ比較!

スポンサードリンク

RAV4のモデルチェンジ予想 どこがどう変わる?

これまで過去のRAV4のフルモデルチェンジ情報やマイナーチェンジ情報から予想できるのは、「乗車定員アップ」「ボディサイズアップ」ではないでしょうか?

引用:https://toyota.jp

初代からRAV4はフルモデルチェンジやマイナーチェンジをするたびにドア数が増えたり、ボディサイズが大型化されてきました。
特に日本では現在のモデルの1つ前となる2005年発売のRAV4には5人乗りのショートモデルと7人乗りのロングモデルがありました。
今回のフルモデルチェンジでは7人乗りのラインナップはありません。
新型RAV4の売れ行き次第では次のマイナーチェンジでは7人乗りモデルが追加される可能性は高いのではないでしょうか?

引用:https://toyota.jp

世界的にSUVは人気車種であり、欧米でのみ発売された4代目RAV4は世界で最も売れたSUVとなっています。
さらに7人乗りで3列シートのSUVの需要は昨今高まっており、7人乗り3列シートのSUVが日本でも海外でも増えています。
日産・エクストレイルや三菱・アウトランダー、ホンダ・CR-Vなど競合車の多くが7人乗りのモデルを販売しています。
その点から考えてもRAV4がマイナーチェンジして7人乗りモデルが追加される可能性は高いでしょう。

➡RAV4のサイズチェック!機械式駐車場は入るの?

https://toyota.jp

新型RAV4に7人乗りモデルが発売されるとしたら、それに伴いボディサイズがアップすると予想できます。
3代目RAV4では5人乗りのショートサイズの全長が4,335mm、7人乗りのロングサイズの全長が4,600mmと約30cmサイズが違っています。
5代目RAV4の全長は4,600mmなので、これより30cmプラスの4,900mm程度のサイズ感になる可能性もあり、かなりの大型化のマイナーチェンジ予想ができます。

スポンサードリンク

RAV4のモデルチェンジ、マイナーチェンジの時期

引用:https://toyota.jp

RAV4のモデルチェンジやマイナーチェンジの時期についても過去の情報から予想していきましょう。

まずは新型RAV4のマイナーチェンジ時期についての予想です。
初代RAV4が発売されてからマイナーチェンジまでの期間が2年3ヶ月でした。
2代目RAV4のマイナーチェンジまでの期間は3年3ヶ月、3代目RAV4では2年10ヶ月でした。
初代RAV4の2年3ヶ月と2代目RAV4の3年3ヶ月では1年も開きがあるので確実さには欠けますが、平均するとRAV4の発売からマイナーチェンジまでの期間は2年9ヶ月になります。

引用:https://toyota.jp

2019年4月が5代目RAV4の発売日です。
それから2年9ヶ月後は2022年1月になり、結構先の印象を受けます。
もしかすると夏のボーナス商戦などに合わせて2021年の7月くらいの時期に発売ということもあるかもしれません。
マイナーチェンジの内容予想でもあげた7人モデルの追加であれば、2年も経たずにされても良さそうですが、過去の情報から辿ると発売から2年〜3年がマイナーチェンジ時期と言えるでしょう。

引用:https://toyota.jp

次に新型RAV4のフルモデルチェンジ時期についての予想です。
初代RAV4が発売されてから2代目RAV4にフルモデルチェンジされたまでの期間は丸6年でした。
その後3代目のフルモデルチェンジまでの期間は5年6ヶ月、日本未発売の4代目が7年2ヶ月後の2013年1月にフルモデルチェンジしました。
フルモデルチェンジもマイナーチェンジ同様に5年〜7年と予想しづらい状況になっています。
ただし4代目RAV4は日本未発売のため、日本商戦とは異なった米国商戦を意識しての販売時期と予想することもできるので、その場合のRAV4のフルモデルチェンジまでの期間は5〜5年半となります。

関連記事RAV4新型のリセールバリューと下取り価格ってどうなの?

引用:https://toyota.jp

5代目RAV4の発売日である2019年4月から計算すると、6代目RAV4へのフルモデルチェンジ時期は2024年4月〜2024年11月ごろと予想ができます。
マイナーチェンジ以上に未来の話になるので、信憑性は低いです。
その頃の自動車業界の社会情勢や車の需要などによって大きく変わってくるものであると思います。
それまではRAV4のマイナーチェンジやモデルチェンジの情報が出るのを待ちましょう!

RAV4のモデルチェンジ予想と時期!先取りマイナーチェンジ情報のまとめ

引用:https://toyota.jp

新型RAV4は販売されたばかりですから、モデルチェンジやマイナーチェンジはまだ先になりそうですね。
次に来るのは特別仕様車、そして7人乗りのモデルになりそうです。
RAV4の大きさで7人乗りを狙っている方はこの一年は待つべきでしょう。
そうではない方はリセール率が高いグレードはどのグレードなのかを見極めて検討されると良いと思います。
ですが注意したいことがあります。
RAV4は契約してから納車まで3~4か月は掛かる車です。そして、10月には消費税が引き上げられますのでこのことも視野に入れて検討してくださいね。

RAV4が値引から更に50万円安くなる!その方法!!

「新車が欲しいでも予算が…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「ディーラーをいくつも回るのは面倒…」
「グレードは下げたくない…」
「査定後のディーラーの売り込みがイヤ」

などなど、
新車の購入を検討してみると
悩みが尽きない…

という方、
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したけど
「聞かれてもわからない」
「ディーラーに行けばいいんじゃない」

と一蹴される始末。

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届くわけではないし。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

⇩⇩無料診断してみる⇩⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩


下取り車を高く売るには?

下取り車である
あなたの愛車を高く売るには
一社だけでなく数社に査定をしてもらう事が
必要になります。

数社というと何社くらいが良いのか
というと、最低でも3~5社!

3~5社回ることで、
相場が見えてくるので
交渉もしやすくなり、
一番高値で提示してくれた
業者に決めることができます。

ですが!!

3~5社回るとなると、
結構な重労働になりますよね。

しかも、査定時間に30分くらいかかります。

そして、
当然その後は営業マンからの
営業が始まります。

スタートは買取り限度額より、
50万くらい安く始まります。

またそのやりとりには、
時間もかかり、押しに弱い人は
断ることもできず、しぶしぶ
売却することにもなりかねません。

ではどうしたら!?

 

⇩⇩無料診断してみる⇩⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩

下取りは必ずクルマ買取りオークションを使うこと!

失敗せずにしかも、
納得がいく金額

下取り車をどこよりも高く売る方法
そのワザというのが!
クルマ買取りオークションを利用する事なんです。

先ほども
お伝えしましたが、
愛車を高く売るには
買取り業者を数社まわる必要があると
おつたえしました。

これができるのが、
クルマ買取りオークションなんです。

クルマ買取りオークションは
一回の査定で最大5000社以上の店舗から
買取のオファーが受けられるサービスなんです。

あなたの愛車の情報が
ネットオークションに掲載され、
最大5000社から買取りオファーが
受けられる新しい買取りサービスになります。

一括査定サイトはもう古い!?

一括査定サイトが少し前に
流行りましたが、利用者の評判が
良くなかったということがあり
今では利用者が減っています。

一括査定サイトは申し込んだ瞬間に
自分の情報が複数の買取り店に渡ってしまう事。

更に、たくさんの業者からメールや電話が
ひっきりなしに来るので、
利用者にとってはかなりの負担となって
いました。。

口コミや評判では
「結構、面倒だった」
「電話がしつこかった」
「断るのが面倒…」

などなど

こういった一括査定サイトの
デメリットを解決し、
更に
手軽に簡単にわかりやすく
高値で愛車を売ることができる
サービス
クルマ買取りオークションの
ユーカーパック
なんです。

⇩⇩無料診断してみる⇩⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩

買取りオークション「ユーカーパック」メリット!

かんたん」「安心」「高く売れる」が
特徴の「ユーカーパック」

メリットは?

・完全無料
・査定は一回きり
・あなたに代わりオークションに掲載
・最大5000社が入札しあう
・査定から売却を代行
・個人情報が公開されない
・営業電話が無い

などなど上げたらきりがないくらいです。

買取店が参加するオークションなので、
買取店同士が競り合ってくれるので、
高い買取価格に繋がります。

ディーラーで30万円しかつかなかった
下取り車が買取りオークションでは
60万円や70万円になることは
多々あります。

過去には50万以上高く売れることも…

更に
マツダRX-7(2002年車)が
150万くらいで売れたら良いと思ったら
311万円まで上がって
ビックリしたなんていう
利用者もいました。

買取りオークションは
買取業者が
あなたの愛車をオークションで
競り合う形になりますので
どんどん金額が上がっていくんです

⇩無料診断してみる⇩
⇩カンタン60秒査定⇩


ユーカーパックが人気の理由

「ユーカーパック」
今、一番高値で
車を売ることができる
と、注目されている
買取オークションサイト
なんです。

ユーカーパック
最大5000社の買取業者
オークションで競り合うサービスです。

あなたは買取りオークション
に車を登録するだけ!

後は買取業者が競り合って
くれるので、結果を待つだけ。

その「ユーカーパック」
人気の理由は

60秒程度でできる
簡単な入力であなたの
愛車の最大の下取り価格が
わかる
こと。

電話やメールが無い
という事。

一番の理由は
どこよりも高い買取り金額を
実現できるという事なんです。

しかも、査定方法は
とっても簡単!

スマホやパソコンがあれば
簡単かつすぐに
査定金額がわかるんです。

この手軽さも人気の秘訣

実際に利用した人が
「ディーラーで30万円だった下取りが
このサイト経由で査定したら50万アップの
80万円になった」

という口コミもあり、
かなりネット上で話題となりました。

「ユーカーパック」は
新しい買取りサービスで
本当に最高レベルの
買取りオークションと言えます。

登録されている買取業者も
「ガリバー」を始め、誰もが知っている
業者や、今まさにその車を
欲しがっている業者など
が多数登録しているんです。
そんな業者が
競い合うんですから
必然的に高値になりますよね。

このサイトを活用し
愛車の下取り価格を上げることで、
実質、値引き額が大きくなったのと
同じことですから、
もう、ディーラーの値引きに
悩むことはないはず。

実際、
ディーラーの値引き価格というのは
実質相場が決まっているんです。

ですから
いくら頑張っても
たいして増えないのが現状なんです。

⇩無料診断してみる⇩
⇩カンタン60秒査定⇩


ディーラーの値引き価格の相場を越える値引きをさせるには?

先ほど、ディーラーの値引き価格は
実質相場が決まっているという
お話をしましたが、
例外があります。

それは、下取りがある場合なんです。

商談時、ディーラーの営業マンは
下取り価格を安くし、
値引き価格を大きく見せるテクニック
を使います。

そうすることで、
損失分を相殺するというやり方を
使います。

ここで大事なのが

あなたの愛車を下取りに
出す予定と伝えることです。

そのうえで、
値引き価格を増やしてもらえば
良いのです。

そして、購入を決める時に、

「やっぱり下取りに出すのは辞めます」

と、こう伝えるだけでいいんです。

営業マンとしては
一度提示した値引き金額を
なかったことにはできませんからね。

この方法の成功事例は
数多く上がっています。

私も営業マン時代、
この方法をとられたことがあり、
上司に怒られるほどの値引を
したことがあります。

この方法が新車を最安値で購入する
必殺の裏ワザなのです。

⇩無料診断してみる⇩
⇩カンタン60秒査定⇩