RAV4の安全性能!新型に搭載の自動ブレーキの安全性

下取りは必ずクルマ買取りオークションを使うこと!

失敗せずにしかも、
納得がいく金額

下取り車をどこよりも高く売る方法
そのワザというのが!
クルマ買取りオークションを利用する事なんです。

愛車を高く売るには
買取り業者を数社まわる必要が
あるんです!

これができるのが、
クルマ買取りオークションなんです。

クルマ買取りオークションは
一回の査定で最大5000社以上の店舗から
買取のオファーが受けられるサービスなんです。

あなたの愛車を高値で売る
新しい買取りサービスになります。

ディーラーで30万円しかつかなかった
下取り車が買取りオークションでは
60万円や70万円になることは
多々あります。

過去には50万以上高く売れることも…

⇩無料診断してみる⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩


RAV4の運転性能はかなりの定評がありますが、新型RAV4に搭載されている自動ブレーキはどうなのでしょうか?

昨今、増える高齢者による事故やうっかり運転での追突などにより、安全性の強化が求められる世の中になってきました。
新型RAV4には自動ブレーキも付いていて安全性能にとても配慮された車になっています。
今回は新型RAVを運転する上での安全性や、いざという時の安全性能についてまとめてみました。

スポンサードリンク

RAV4は運転しやすい?それとも運転しにくい?

引用:https://toyota.jp

新型RAV4は運転しやすいのか、運転しにくいのかをめとめてみました。

新型RAV4が運転しやすいという口コミの中にダントツで多いのが「安定性の良さ」です。
新型RAV4はパワートレインが低い位置にあり、車体が低重心です。
なので、この低重心が安定性の良さにつながっているのでしょう。

引用:https://toyota.jp

新型RAV4はステアリングを切った時のタイヤへのレスポンスの良さも運転しやすい点として挙げられれています。
オフロードを走ることも想定されて作られているのでキビキビ走ってくれて、多少の悪路は物ともしない走り心地です。
それでいて足回りは硬めなので、道路の感触を運転しながら感じ取ることができるのも新型RAV4の評価される点でしょう。

引用:https://toyota.jp

新型RAV4は車高が高く、ドライバーの視界も良好です。
バックミラーもデジタル化しており、普通では見えない場所まで拡大してみることができたりと、平均してどんな道でも運転しやすい部類のSUVになっています。

引用:https://toyota.jp

エンジンも最高出力、最大トルクともに十分な機能を有しています。
発進から力強いスタートを切ってくれますし、高速道路の合流など加速が必要な時に期待通りの加速を発揮してくれる面でも運転しやすいでしょう。

車に乗り慣れている人にとって新型RAV4はドライバーの期待に応えてくれる、とても運転しやすい車だと言えます。

関連記事➡RAV4 vs トヨタCHRを価格大きさ燃費で比較!どっちが買い?

引用:https://toyota.jp

新型RAV4は運転しにくいという意見も見ていきましょう。
新型RAV4は機械式駐車へもギリギリのサイズです。
そういう意味では道路が広い郊外で運転する分には運転しやすいと言え、道路が狭い都心では運転しにくいと言えるでしょう。

引用:https://toyota.jp

機械式駐車や都心の狭い道などの条件では高齢者、運転に慣れていないドライバーにとっては3ナンバーのSUVはとても運転しにくいのは間違いありません。
新型RAV4をファミリーカーにする場合は注意が必要です。

関連記事RAV4の外寸と外装をチェック!機械式駐車場は入るのか?

スポンサードリンク

RAV4の安全性!自動ブレーキの性能は?

引用:https://toyota.jp

新型RAV4にはトヨタ最新の予防安全システムである「Toyota Safety Sense」第2世代版を採用しています。
Toyota Safety Senseとはトヨタの安全技術のことで「 人を真ん中に考えるトヨタの予防安全技術」というテーマになっています。

引用:https://toyota.jp

Toyota Safety Senseには「自動ブレーキ」「ハンドル操作サポート」「車線はみ出しアラート」「追従ドライブ支援機能」自動ハイビーム」「標識読み取りディスプレイ」「先行車発進アラート」の8つの安全性への配慮がなされており、第2世代版ではその安全性能が飛躍的アップしました。
その中でも特に関心高い「自動ブレーキ」について安全性を見ていきましょう。

プリクラッシュセーフティ(歩行者[昼夜]・自転車[昼]検知機能月衝突回避支援)

引用:https://toyota.jp

トヨタの自動ブレーキはブリクラッシュセーフティと呼ばれる安全性に長けた技術です。
歩行者の飛び出しや前方車の急ブレーキなどの危険をドライバーにお知らせし、自動ブレーキがかかる技術です。
新型RAV4に装備されているミリ波レーダーと単眼カメラが歩行者や前走車を検出し、常に安全性に配慮をしてくれます。

第2世代版では第1世代版では検知できなかった 夜間の歩行者や、昼間の自転車運転者の検知が可能になり、重大な事故の原因を広くカバーできるようになりました。
夕暮れや夜間での歩行者との接触事故や、自転車との接触事故がとても多いと思うので、この自動ブレーキのバージョンアップで安全性がかなりアップしたと思います。

インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]

引用:https://toyota.jp

ドライバーへの衝突可能性のお知らせは警報ブザーとディスプレイ表示でおこないます。
ドライバーがブレーキを踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシスト、ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、自動ブレーキにて衝突回避や被害軽減をサポートします。

リヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ(後方車接近車両)]

引用:https://toyota.jp

関連記事➡RAV4新型の試乗評価まとめ 試乗時確認するべき○○のこと

スポンサードリンク

RAV4の安全性能!優れた機能をご紹介!

引用:https://toyota.jp

自動ブレーキだけでも安全性にとても配慮されており、新型RAV4を買う理由の1つになりそうですが、新型RAV4にはまだまだ安全装備が盛りだくさんです。
自動ブレーキ以外のToyota Safety Senseについて、「ハンドル操作サポート」「車線はみ出しアラート」「追従ドライブ支援機能」「自動ハイビーム」「標識読み取りディスプレイ」「先行車発進アラート」を簡単に説明していきます。

レーントレーシングアシスト(LTA)

引用:https://toyota.jp

ハンドル操作サポートや車線はみ出しアラートは、「レーントレーシングアシスト」という安全装備になります。
レーントレーシングアシストは高速道路や自動車専用道路を走行中に斜線の中央を走行するために必要なハンドル操作をサポートしてくれる安全性能です。
車線をはみ出しそうな時にブザーとディスプレイでお知らせをしてくれたり、自車のふらつきが検知された場合に休憩を促すお知らせをくれたりします。

レーダークルーズコントロール(全車速追従機能)

引用:https://toyota.jp

追従ドライブ支援機能は「レーダークルーズコントロール」と呼ばれる安全性能です。
よく「クルコン」と略して言われます。
前方車との最適な車間距離を保ち一定速度で追従するので新型RAV4でのロングドライブが快適になります。
高速道路での渋滞などノロノロ運転でもレーダークルーズコントロールがサポートしてくれるので運転が楽になります。

関連記事➡RAV4の後部座席と荷室容量検証!RAV4で車中泊する方法

オートマチックハイビーム(AHB)

引用:https://toyota.jp

夜間走行時に役立つ機能です。
ヘッドライトを自動でロービーム、ハイビームと切り替えてくれます。
前方に車両や対向車がいるときはロービームで走行し、前方、対向車がいない時は自動でハイビームに切り替えて走行してくれるので常に視認性を高めてくれます。

これによりハイビームの頻度が増え、夜間走行時の視界が広がります。
夜間の視界が広がるということは歩行者の発見などにもつながります。

ロードサインアシスト(RSA)

引用:https://toyota.jp

道路上にある「最高速度」や「一時停止」などの見逃せない道路標識を
単眼カメラで道路標識を認識してくれます。
認識した標識はマルチディスプレイに表示してくれますので、安全運手をサポートしてくれます。
 

先行車発進告知機能(TMN)

引用:https://toyota.jp

先行車発進告知機能と言って、信号待ちや渋滞などの停止時に前方の車両が発進したことを警告音とディスプレイで教えてくれます。
これがあれば、後方の車両に「ピッ」って鳴らされずに済みますね。

先行車が約4m進んでも発進しなかった場合にシステムが反応します。

関連記事➡新型RAV4の値引き相場!値引限度額は○○万円!

ドライブスタートコントロール

引用:https://toyota.jp

ドライブスタートコントロール機能は、焦った時、テンパった時などに役にたつ機能ですよね。
アクセルを踏んだままシフトチェンジしてしまった時のエンジン出力を抑えてくれます。
警告音ともディスプレイで教えてくれます。
 

ブラインドスポットモニター(BSM)

引用:https://toyota.jp

複数車線がある道路、特に高速道路などで役に立つのがブラインドスポットモニターの機能!
車線変更するときにサイドのミラーでは確認できない車両、死角に入っている車を検知してくる機能です。
「ヒヤリッ」と「ハッ」とを未然に防いでくれます。
 

デジタルインナーミラー

引用:https://toyota.jp

デジタルインナーミラーはクリアーな後方の視界を確保してくれます。
後部座席に人や荷室に大きな荷物、たくさんの荷物を乗せたときに、ルームミラーには人や荷物が入り込んで後方の視界を確保できませんよね。
しかし、デジタルインナーミラーの機能を使えば、クリアーな視界を確保できます。
しかも、夜間でもとてもよく見える。

RAV4の安全性能!新型に搭載の自動ブレーキの安全性のまとめ

引用:https://toyota.jp

新型RAV4は外装内装ともにドライバーを楽しませてくれる車に仕上がっていますが、それだけではなく「Toyota Safety Sense」第2世代版を搭載することで、安全性にもしっかり配慮された車に仕上がっていますね。
確かにサイズが大きく感じる方もいらっしゃるかとは思いますが、その分、安全性、運転性能が向上していますので運転に自信ない方や女性の方でも楽しめる車ではないでしょうか。

関連記事➡RAV4の値引き金額から更に50万円安くする方法!裏技を紹介!

RAV4が値引から更に50万円安くなる!その方法!!

「新車が欲しいでも予算が…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「ディーラーをいくつも回るのは面倒…」
「グレードは下げたくない…」
「査定後のディーラーの売り込みがイヤ」

などなど、
新車の購入を検討してみると
悩みが尽きない…

という方、
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したけど
「聞かれてもわからない」
「ディーラーに行けばいいんじゃない」

と一蹴される始末。

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届くわけではないし。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

⇩⇩無料診断してみる⇩⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩


下取り車を高く売るには?

下取り車である
あなたの愛車を高く売るには
一社だけでなく数社に査定をしてもらう事が
必要になります。

数社というと何社くらいが良いのか
というと、最低でも3~5社!

3~5社回ることで、
相場が見えてくるので
交渉もしやすくなり、
一番高値で提示してくれた
業者に決めることができます。

ですが!!

3~5社回るとなると、
結構な重労働になりますよね。

しかも、査定時間に30分くらいかかります。

そして、
当然その後は営業マンからの
営業が始まります。

スタートは買取り限度額より、
50万くらい安く始まります。

またそのやりとりには、
時間もかかり、押しに弱い人は
断ることもできず、しぶしぶ
売却することにもなりかねません。

ではどうしたら!?

 

⇩⇩無料診断してみる⇩⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩

下取りは必ずクルマ買取りオークションを使うこと!

失敗せずにしかも、
納得がいく金額

下取り車をどこよりも高く売る方法
そのワザというのが!
クルマ買取りオークションを利用する事なんです。

先ほども
お伝えしましたが、
愛車を高く売るには
買取り業者を数社まわる必要があると
おつたえしました。

これができるのが、
クルマ買取りオークションなんです。

クルマ買取りオークションは
一回の査定で最大5000社以上の店舗から
買取のオファーが受けられるサービスなんです。

あなたの愛車の情報が
ネットオークションに掲載され、
最大5000社から買取りオファーが
受けられる新しい買取りサービスになります。

一括査定サイトはもう古い!?

一括査定サイトが少し前に
流行りましたが、利用者の評判が
良くなかったということがあり
今では利用者が減っています。

一括査定サイトは申し込んだ瞬間に
自分の情報が複数の買取り店に渡ってしまう事。

更に、たくさんの業者からメールや電話が
ひっきりなしに来るので、
利用者にとってはかなりの負担となって
いました。。

口コミや評判では
「結構、面倒だった」
「電話がしつこかった」
「断るのが面倒…」

などなど

こういった一括査定サイトの
デメリットを解決し、
更に
手軽に簡単にわかりやすく
高値で愛車を売ることができる
サービス
クルマ買取りオークションの
ユーカーパック
なんです。

⇩⇩無料診断してみる⇩⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩

買取りオークション「ユーカーパック」メリット!

かんたん」「安心」「高く売れる」が
特徴の「ユーカーパック」

メリットは?

・完全無料
・査定は一回きり
・あなたに代わりオークションに掲載
・最大5000社が入札しあう
・査定から売却を代行
・個人情報が公開されない
・営業電話が無い

などなど上げたらきりがないくらいです。

買取店が参加するオークションなので、
買取店同士が競り合ってくれるので、
高い買取価格に繋がります。

ディーラーで30万円しかつかなかった
下取り車が買取りオークションでは
60万円や70万円になることは
多々あります。

過去には50万以上高く売れることも…

更に
マツダRX-7(2002年車)が
150万くらいで売れたら良いと思ったら
311万円まで上がって
ビックリしたなんていう
利用者もいました。

買取りオークションは
買取業者が
あなたの愛車をオークションで
競り合う形になりますので
どんどん金額が上がっていくんです

⇩無料診断してみる⇩
⇩カンタン60秒査定⇩


ユーカーパックが人気の理由

「ユーカーパック」
今、一番高値で
車を売ることができる
と、注目されている
買取オークションサイト
なんです。

ユーカーパック
最大5000社の買取業者
オークションで競り合うサービスです。

あなたは買取りオークション
に車を登録するだけ!

後は買取業者が競り合って
くれるので、結果を待つだけ。

その「ユーカーパック」
人気の理由は

60秒程度でできる
簡単な入力であなたの
愛車の最大の下取り価格が
わかる
こと。

電話やメールが無い
という事。

一番の理由は
どこよりも高い買取り金額を
実現できるという事なんです。

しかも、査定方法は
とっても簡単!

スマホやパソコンがあれば
簡単かつすぐに
査定金額がわかるんです。

この手軽さも人気の秘訣

実際に利用した人が
「ディーラーで30万円だった下取りが
このサイト経由で査定したら50万アップの
80万円になった」

という口コミもあり、
かなりネット上で話題となりました。

「ユーカーパック」は
新しい買取りサービスで
本当に最高レベルの
買取りオークションと言えます。

登録されている買取業者も
「ガリバー」を始め、誰もが知っている
業者や、今まさにその車を
欲しがっている業者など
が多数登録しているんです。
そんな業者が
競い合うんですから
必然的に高値になりますよね。

このサイトを活用し
愛車の下取り価格を上げることで、
実質、値引き額が大きくなったのと
同じことですから、
もう、ディーラーの値引きに
悩むことはないはず。

実際、
ディーラーの値引き価格というのは
実質相場が決まっているんです。

ですから
いくら頑張っても
たいして増えないのが現状なんです。

⇩無料診断してみる⇩
⇩カンタン60秒査定⇩


ディーラーの値引き価格の相場を越える値引きをさせるには?

先ほど、ディーラーの値引き価格は
実質相場が決まっているという
お話をしましたが、
例外があります。

それは、下取りがある場合なんです。

商談時、ディーラーの営業マンは
下取り価格を安くし、
値引き価格を大きく見せるテクニック
を使います。

そうすることで、
損失分を相殺するというやり方を
使います。

ここで大事なのが

あなたの愛車を下取りに
出す予定と伝えることです。

そのうえで、
値引き価格を増やしてもらえば
良いのです。

そして、購入を決める時に、

「やっぱり下取りに出すのは辞めます」

と、こう伝えるだけでいいんです。

営業マンとしては
一度提示した値引き金額を
なかったことにはできませんからね。

この方法の成功事例は
数多く上がっています。

私も営業マン時代、
この方法をとられたことがあり、
上司に怒られるほどの値引を
したことがあります。

この方法が新車を最安値で購入する
必殺の裏ワザなのです。

⇩無料診断してみる⇩
⇩カンタン60秒査定⇩