RAV4のオイル交換時期はいつ?適正オイル量とオイル粘度は?

旧型RAV4ではオイルの異常消費が不具合として上がっていました。
新型RAV4ではオイルについての不具合が出ないことを祈りますが、この機会にオイルについて適切なオイル量やオイル粘度、オイル交換時期やオイル交換費用など、エンジンオイルについて学んでおきましょう。

RAV4のエンジン不調にならない為のオイル交換!


RAV4のオイル交換について知る前に、そもそもエンジンオイルとはなんでしょうか?
何が原因でエンジン不調は起きるのかも併せて知っておきましょう。

引用:https://toyota.jp

エンジンオイルとはその名の通り、エンジンに入っているオイルのことでその役割は主に5つあります。
潤滑」「密封」「冷却」「洗浄」「防錆」の5つで、エンジンを動かす上でエンジンオイルは不可欠です。
潤滑とは金属の部品に油を挿すとスムーズに動くようになるのとまったく同じことです。
エンジンにオイルを挿すことでエンジンの動きを良くします。

密封はエンジンのピストン運動に隙間ができてしまうとそこからエネルギーが逃げてしまいます。
それなのでエンジンオイルで密封をしてエネルギー浪費によるエンジン不調を防いでいます。

冷却はエンジンが摩擦やピストン運動の熱によって必要以上に加熱されないように熱を吸収し、本体を冷やす役割をしています。
必要以上に加熱された場合はエンジン不調をきたすので、冷却のためのオイルはとても重要なのです。

関連記事


洗浄とはエンジンの内部を洗浄することです。
エンジンは摩擦により汚れが生じやすく、その汚れを放置しておくとエンジン不調が起きたりしてしまいます。
エンジンオイルにはその汚れを取る作用もあります。

最後に防錆ですが、エンジンも金属でできているので参加することで錆が発生します。
エンジンが錆びてしまうとエンジン不調や故障につながります。
その錆びを予防するためにエンジンオイルが重要なのです。

引用:https://toyota.jp

そんな万能なエンジンオイルですが、RAV4に限らずどんな車でも定期的なオイル交換が必要なのです。
エンジンオイル交換のタイミングは車種により異なるので、自分の新型RAV4についてオイルの知識を深めることが重要です。

RAV4の気になるオイル量とオイルの粘度は?

引用:https://toyota.jp

新型ラブ4を大事に乗るために最も大事なオイル交換!
ここではオイル粘度とオイル量について簡単にまとめてみました。

RAV4の気になるオイル量


RAV4新型のエンジン型式はガソリン車がM20A-FKSでこれは人気クロスオーバーのレクサスUXと同じエンジンです。

そして、ハイブリッド車がA25A-FXSとなっており、これはトヨタのセダンを代表する新型カムリHYBRIDと同じエンジンとなっています。

アドベンチャーやG"Z package"、G、Xの2.0Lのガソリン車がM20A-FKSのエンジンになります。
HYBRID G、HYBRID X の2.5L/E-fourのハイブリッド車がA25A-FXSのエンジンになります。

ガソリン車M20A-FKSのエンジンのオイル量は3.9Lでエレメント交換時は4.3Lとなります。
ハイブリッド車A25A-FXSのエンジンオイル量は4.2Lでエレメント交換時は4.5Lとなります。

オイルフィルター交換時にオイルが多く必要になる理由は、新しいエレメントにオイルを馴染ませてオイル漏れを防ぐためなんです。
なので、オイル量も料金も通常のオイル交換よりもコストがかかってしまうんですよね。

オイルフィルターって?エレメントって?


オイル交換時に「オイルフィルターやオイルエレメントはどうしますか?」
というのをよく耳にするかと思います。
基本的にはエレメントもフィルターも同じ物を指しています。

厳密に言うとエレメントはフィルターの中にある「ろ紙」の事を言います。
これをまとめてオイルフィルター交換やエレメント交換ってみなさん呼んでます。

オイルフィルターには、ケースとエレメントが一体になっているカートリッジ式と、エレメントだけを交換出来るインナー式(フィルター式)があります。

現在では、一体型であるカートリッジ式の方が主流になっています。
その要因は手軽に交換できる、ミスも起こりにくいというのがあります。

RAV4の気になるオイル粘度

引用:https://toyota.jp

RAV4にはガソリン車、ハイブリッド車ともに0w-16のオイルが使用されています。
HKSが推奨しているエンジンオイルなら0W-20でも問題ありません。
好みと乗り方で変えてみるといいかもしれませんね。
ちなみに、HKSが推奨しているエンジンオイルでスタンダードなら0W-25も大丈夫です。

RAV4に限らず車には自動車メーカーが推奨する粘度のエンジンオイルが入っています。
粘度とはオイルの硬さのことです。
新型RAV4の場合はトヨタ自動車が推奨する粘度のエンジンオイルが購入時に入っています。

オイルの粘度が低い場合、始動性が早く燃費が良いファミリードライブに向けの車に向いています。
また粘度が低いオイルは冬に使用すると良いパフォーマンスを発揮してくれます。
オイルの粘度が高い場合、高速性能が良いスポーツカーに向いており、季節も夏に良いパフォーマンスを発揮してくれます。
近年ではハイブリッド車などは超低粘度エンジンオイルが推奨されています。

関連記事

新型RAV4もハイブリッドモデルならオイル粘度の低いものを、ガソリンモデルでもファミリードライブが多いならオイル粘度を低いものを、スポーティーに使いたいならオイル粘度が高いものを選びましょう。
基本的にはRAV4はファミリーカーとしての用途で所持している方が多いと思われますので、迷ったらオイル粘度の低いエンジンオイルを購入しましょう。

オイル量は車種により変わります!というよりエンジンによって変わります。
エンジンオイルの規定量は車両説明書にあるメンテナンスページで確認することができますが、エンジンオイルについて、自分ではよくわかならない場合はカー用品店やディーラーでもオイル交換をしてくれますので、積極的に相談をしてみましょう。
次の項目ではオイル交換の費用についてまとめています。

関連記事

RAV4のオイル交換費用はいくら?


オイル交換は購入したディーラーやガソリンスタンド、カー用品店で対応してもらうことができます。
それぞれのお店によっていくらかかるでしょうか?

ディーラーで新型RAV4のオイル交換をする場合のオイル交換費用はいくらなのかについてまとめます。
ディーラーでのオイル交換は、その車のことをよく知っている顔見知りの担当者が対応してくれるので、安心感と確実性がありますよね。
でも、カー用品店やガソリンスタンドと比べるとオイル交換費用が高くなると思っている方もいらっしゃると思います。

ディーラーの場合、RAV4クラスのエンジンオイル交換となると5,000円〜8,000円程度のオイル交換費用が発生します。
更にオイル交換を2回に一回は、オイルフィルターの交換が必要になりますのでプラス2,000円程度かかります。
確かに高いですね。でも、どこのディーラーでも複数回のメンテナンスをお得にできるメンテナンスパックというのがあります。
呼び名は様々ですが法定点検、半年点検、オイル交換、エレメント交換などを安くできるパックを利用すれば、オイル交換費用は2000円程度で交換が可能です。

関連記事

ガソリンスタンドの場合はおおよそ1リットルあたり1,000円であるスタンドが多いです。
工賃も含め価格も安く抑えらることもありますが、しかしガソリンスタンドではその他オプションの営業が激しいので、きっぱり断る勇気を持っていく必要があるのがデメリットと言えるでしょう。

最後にカー用品店です。
オイルの種類によっても値段が変わりますが、およそ1リットルあたり1,200円〜1,300円であることが多いようです。
スタンドやカー用品店などは、オイルの値段はさほど高くなくとも、工賃が高いことがあります。2~3,000円プラスされるので、ディーラーよりも高くなる可能性が高いです。

とにかくオイル交換費用を安く済ませるなら、しっかりと事前に調べてからオイル交換をやるのが良いでしょう。

下取りは必ずクルマ買取りオークションを使いましょう!

ここでは、わたしが個人的にオススメしているクルマ買取りオークションについてご紹介させてください。

ほとんどの皆さんがクルマの買い替え時にはディーラーに下取りを出していると思います。でも待ってください。これ、一番損な方法かもしれません。(もちろん手間を考えるといちばん楽ですよね。)

今までも一括査定サイトで見積もりを取ることはできましたが、いろいろな提携業者から電話がかかってきてうんざりしたことはないでしょうか?

そこでオススメなのが、ユーカーパックです。

ユーカーパックは今、一番高値でクルマを売ることができると注目されている買取りオークションサイトで、最大5,000社の買取り業者がオークションで競り合うサービスです。あなたはオークションにクルマを登録するだけで、後は結果を待つだけ。

さらに人気の理由は、30秒程度の時間であなたの愛車の最大の下取り価格がわかること。そしてありがたいのは連絡はユーカーパックからだけなんです。

ディーラーの値引き価格は実質相場が決まっているので、値引き交渉に時間を費やすくらいなら、こちらのサイトからさくっと査定をして高額査定を狙いましょう



ディーラーの値引き価格の相場を越える値引きをさせるには?

ディーラーの値引き価格は実質相場が決まっていますが例外もあります。それは下取りがある場合なんです。

商談時にディーラーの営業マンは下取り価格を安くし、値引き価格を大きく見せるテクニックを使います。そうすることで、損失分を相殺するというやり方です。

ここで大事なのがあなたの愛車を下取りに出す予定と伝えることです。そのうえで、値引き価格を増やしてもらえば良いのです。そして購入を決める時に、「やっぱり下取りに出すのは辞めます」と、伝えるだけでいいんです。

営業マンとしては一度提示した値引き金額をなかったことにはできませんからね。この方法の成功事例は数多く上がっています。私も営業マン時代にこの方法をとられたことがあり、上司に怒られるほどの値引をしたことがあります。

この方法が新車を最安値で購入する必殺の裏ワザなのです。

※ただしあくまでも私個人の考えなのでこの通りうまくいくかはわかりません。
 確実なのは、ユーカーパックさんを使えば下取り車の高額査定が狙えます!