トヨタRAV4 vs 日産エクストレイルはどっちが買い?価格、燃費、大きさ、スペック、リセールまで違いを検証

下取りは必ずクルマ買取りオークションを使うこと!

失敗せずにしかも、
納得がいく金額

下取り車をどこよりも高く売る方法
そのワザというのが!
クルマ買取りオークションを利用する事なんです。

愛車を高く売るには
買取り業者を数社まわる必要が
あるんです!

これができるのが、
クルマ買取りオークションなんです。

クルマ買取りオークションは
一回の査定で最大5000社以上の店舗から
買取のオファーが受けられるサービスなんです。

あなたの愛車を高値で売る
新しい買取りサービスになります。

ディーラーで30万円しかつかなかった
下取り車が買取りオークションでは
60万円や70万円になることは
多々あります。

過去には50万以上高く売れることも…

⇩無料診断してみる⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩


トヨタRAV4と日産エクストレイルは、伝統のあるSUV車ながら、互いに時代のニーズにうまく対応したモデルチェンジを行なった印象です。
SUV車の購入を検討しているユーザーも、車種を比較する際にこの2台は外せないのではないでしょうか。

そこで今回は、トヨタRAV4と日産エクストレイルについて、徹底比較します。
価格・燃費・大きさ・スペック・リセールなどそれぞれの違いを検証し、どっちが買いなのか調査します。

スポンサードリンク

トヨタRAV4と日産エクストレイルはどっちが買い?価格帯と人気グレードの価格の違いは?

引用:https://toyota.jp/rav4/design/

まずは、トヨタRAV4と日産エクストレイルの価格帯と人気グレードの価格の違いについて、どっちがお手頃なのかご紹介します。

トヨタRAV4と日産エクストレイルの価格帯の違い

引用:https://toyota.jp/rav4/design/

まず、トヨタRAV4と日産エクストレイルの全グレードの価格帯を、ご紹介します。

好きにまみれろ!というキャッチコピーが印象的なRAV4は、トレンドを反映したモデルチェンジを見せながらも、レジャーやアウトドアで大活躍してくれそうな雰囲気を見せています。
1994年にデビューしたRAV4は、4代目に入り一時日本での販売は中断しましたが、現行モデルの5代目で日本市場に復活を果たしました。
風を切り大地にしっかり根付いたようなスタイリングはそのままに、走行性能や安全性がグレードアップした印象です。

RAV4のグレードごとの価格は、2,608,200円〜3,348,000円となっています。コンパクトSUVのボリュームゾーンとも言える価格帯で、市場に真っ向勝負を仕掛けた印象を受けます。

対する日産エクストレイルは、

引用:https://www3.nissan.co.jp

2000年のデビュー以降、万能性の高いSUV車として市場に定着した印象です。以前は無骨な雰囲気が強かった印象ですが、近年ではスタイリッシュな雰囲気も加わって、街乗りにも適した特性も持ち合わせています。
そんな日産エクストレイルのグレードごとの価格は、2,231,280円〜3,598,560円となっています。

トヨタRAV4と日産エクストレイルの人気グレードの価格の違い

引用:https://toyota.jp/rav4/design/

車種選びも重要ですが、グレードごとに性能や価格も異なるので、悩みどころです。

トヨタRAV4は、全6グレードで展開しています。
その中でも人気が高いのは、AdventureGというグレードになります。

Adventureは専用設計の装備品が充実しているモデルで、Gは上級グレードとなります。
価格帯を見ていくと、Adventure 3,137,400円で、G 3,202,200円となっています。

引用:https://www3.nissan.co.jp

続いて日産エクストレイルの人気グレードを見ていくと、ガソリン車・ハイブリッド車ともに20Xiグレードが人気です。

ガソリン車の20Xi2WD4WDと展開されてますが、やはりSUVですね!4WDの方に人気が集まっていますね。

2番人気の20Xiハイブリッドは燃費や維持を考えて2WDを選択する方が多いようですね。

引用:https://www3.nissan.co.jp

20Xiは全グレードの中で中間グレードと言えますが、装備品が充実していて価格がお手頃な点が人気の要因です。
それぞれの価格帯は、ガソリン車の20Xi/4WD 3,034,800円ハイブリッド車の20Xi/2WD 3,096,360円となっています。

ちなみに、ガソリン車の20Xi/2WD 2,828,520円となっています。

関連記事➡トヨタRAV4とスバル・フォレスター徹底比較!どっちが買い?

トヨタRAV4と日産エクストレイルの価格帯と人気グレードの価格の違いは?まとめ

引用:https://toyota.jp/rav4/design/

まずは、トヨタRAV4と日産エクストレイルの価格帯と人気グレードの価格をご紹介しました。
比較して見ると、グレードごとの価格帯が広いのは日産エクストレイルで、人気グレードの価格が高いのはトヨタRAV4という結果になりました。

人気グレードから見ると、トヨタRAV4は装備品の充実した上級グレードを求めるユーザーが多く、日産エクストレイルは元々のバランスの良さもあり、2WDより4WDを選択するユーザーが多いことがわかりました。

街乗りメインのユーザーはハイブリッド車を選ぶ傾向にありますね。

スポンサードリンク

トヨタRAV4と日産エクストレイルはどっちが買い?燃費はどちらが良いのか?

引用:https://toyota.jp/rav4/design/

続いて、トヨタRAV4と日産エクストレイルの燃費はどっちが優れているのか、ご紹介します。

トヨタRAV4と日産エクストレイルの燃費比較!ガソリン車の違いは?

引用:https://toyota.jp/rav4/design/

まずはそれぞれのガソリン車の燃費をご紹介します。

トヨタRAV4のガソリン車は、伸びやかな走行性能と優れた燃費性能を兼ね揃えて、2.0L直列4気筒エンジンが搭載されています。
レスポンスの高いエンジンで、作動時などのエネルギーロスも低減し、最大熱効率は40%に到達しています。

引用:https://toyota.jp

最先端の技術により、堂々としたボディを力強く走らせるパワフルさを持ったRAV4のガソリン車は、WLTCモードで15.2km/L〜15.8km/Lというカタログ燃費です。

引用:https://www3.nissan.co.jp

そして日産エクストレイルのガソリン車には、トヨタRAV4と同じ排気量のMR20DDエンジンが搭載されています。
シリンダー内へ、燃料を直接噴射する直噴化により、熱効率を高めた低燃費と高トルクが特徴なエンジンです。

日産エクストレイルは、JC08モードでカタログ燃費が計測されていますが、16.0km/L〜16.4km/Lとなっています。

4WDの場合は15.6km/Lとなっています。

トヨタRAV4と日産エクストレイルの燃費比較!ハイブリッド車の違いは?

引用:https://toyota.jp/rav4/design/

ハイブリッド車は低燃費性と静粛性が最大の特徴で、多くのSUV車にグレード設定されています。

トヨタRAV4のハイブリッド車は、ガソリン車より排気量が大きい2.5L仕様のエンジンが搭載されています。
パワフルな2.5Lダイナミックフォースエンジンと、トヨタのお家芸とも言えるハイブリッドシステムに、最先端の小型で軽量で高効率化な技術を組み合わせることで、優れた動力性能と低燃費を実現しています。

そんなトヨタRAV4のハイブリッド車は、JC08モードで25.0km/L〜25.2km/Lとなっています。

引用:https://www3.nissan.co.jp

一方で、日産エクストレイルのハイブリッド車は、2.0Lエンジンながらハイブリッドシステムに適した仕様で効率の良い走りを実現しています。
日産独自のRM31モーターとの組み合わせにより、圧倒的なハイパワーを発揮します。

日産エクストレイルのハイブリッド車は、20.0km/L〜20.8km/Lというカタログ燃費です。

トヨタRAV4と日産エクストレイルの燃費の違い!まとめ

引用:https://toyota.jp/rav4/design/

それぞれの燃費を検証しましたが、ガソリン車とハイブリッド車でスペックに差が出た結果となりました。

ガソリン車に関しては、計測方法が異なるため一概に数字だけで比較できませんが、JC08モードは実燃費より高い数値が表示されがちです。より実走行に近いWLTCモードで計測しているトヨタRAV4よりも、実際には若干劣るのではないかと予想します。

そしてハイブリッド車に関しては、同じ計測方法でトヨタRAV4に軍杯が上がりました。
ユーザーの使用環境によって実燃費は異なりますが、基本性能を見ると 一番燃費が良いのは、トヨタRAV4のハイブリッド車だと言えそうです。

スポンサードリンク

トヨタRAV4と日産エクストレイルはどっちが買い?大きさの違いは?

引用:https://toyota.jp/rav4/design/

続いては、トヨタRAV4と日産エクストレイルの大きさを比較します。
外寸と内寸はどっちが大きいのでしょうか。

トヨタRAV4と日産エクストレイルの大きさ(サイズ)の違い!外寸は?

引用:https://toyota.jp/rav4/design/

それぞれ印象的なデザインが目につきますが、外寸はどっちが大きいのでしょうか。

トヨタRAV4ですが、久しぶりの登場にも関わらず、デザインコンセプトは初代から一貫して頼もしさを感じるものに仕上がっています。
レジャーやオフロードで活躍してくれそうな雰囲気が満載ですが、都会的にも感じるディテールの繊細さもあります。

引用:https://toyota.jp

骨太で力強さを感じるエクステリアは、冒険心がくすぐられます。
そんなトヨタRAV4の外寸は、全長4,610mmx全幅1,865mmx全高1,690mmとなっています。

引用:https://www3.nissan.co.jp

そして日産エクストレイルは、ワイルドな雰囲気をややマイルドに仕上げ、スタイリッシュさを強調したデザインです。
過去のモデルでは角ばったデザインが特徴的でしたが、やや丸みを帯びたスタイリングで、近年のSUV車のトレンドをしっかり反映している印象です。

引用:https://www3.nissan.co.jp

日産エクストレイルのデザインは万人に人気が高く、女性ユーザーが多いのも特徴的です。
そんな日産エクストレイルは、全長4690mmx全幅1820mmx全高1740mmというサイズ感です。

トヨタRAV4と日産エクストレイルの大きさ(サイズ)の違い!室内(内寸)は?

引用:https://toyota.jp/rav4/design/

続いて、それぞれのインテリアと内寸についても、ご紹介します。

トヨタRAV4のインテリアは、シックな色使いで落ち着いた雰囲気ですが、所々に散りばめられたメッキ素材が、良いアクセントとなっています。
機能性を重視した素材感ですが、安っぽさは見られず、高級セダンの様な重厚感もまとっています。

引用:https://toyota.jp

シートは程よい柔らかさとなっていて、ロングドライブでも疲れにくい設計です。
トヨタRAV4の内寸は、室内長1,890x室内幅1,515x室内高1,230となっています。

引用:https://www3.nissan.co.jp

そして日産エクストレイルのインテリアは、トヨタRAV4と似た色使いとなっていますが、質感より機能性を重視した様なインテリアです。
中でも多彩なシートアレンジは、各使用状況に適した方法で行えるので、利便性が非常に高く室内を有効活用できます。

引用:https://www3.nissan.co.jp

日産車は走りに強いこだわりが見られますが、コックピット周りからも日産エクストレイルの走行性能の高さやドライブのワクワク感を感じさせてくれる様なデザインが感じられます。

そんな日産エクストレイルの内寸は、室内長2005~2555mmx室内幅1535mmx室内高1270mmです。

トヨタRAV4と日産エクストレイルはどっちが買い?大きさの違いは?まとめ

引用:https://toyota.jp/rav4/design/

補足的にデザインの特徴も紹介しながら、外寸と内寸についてご紹介しました。

数値的な比較をすると、外寸はトヨタRAV4が全幅が広い結果となっています。
横がワイドに設計されていますが、最先端の安全性能を搭載している点と視認性の高さもあるので、ユーザーからはサイズ感以上に取り回しが楽だと評判です。

引用:https://toyota.jp

そして内寸に関しては、全体的に日産エクストレイルが広く設計されていることが分かります。
トヨタRAV4の内寸は、コンパクトSUVの中では狭すぎず標準的なサイズ感と言えますが、ボディサイズを有効活用した日産エクストレイルに軍配が上がった結果です。

関連記事➡RAV4の値引き金額から更に50万円安くする方法!裏技を紹介!

トヨタRAV4と日産エクストレイルはどっちが買い?スペックの違いは?

引用:https://toyota.jp/rav4/design/

これまで、価格・燃費・サイズと各スペックをご紹介しました。

価格帯はほぼ同じと言えますが、トヨタRAV4では機能面が充実した上級グレードが、日産エクストレイルはコストパフォーマンスの高さが求められていることが、人気グレードの結果から伺えます。

燃費に関してはトヨタRAV4が優れ、サイズ感に関しては日産エクストレイルが大きい結果となりました。

引用:https://www3.nissan.co.jp

車のスペックは先述した様な項目が大きな要素となりますが、近年ではコネクティビティや安全装備の先進性も、非常に重視されている傾向です。

トヨタRAV4は、踏み間違い抑制装置や自動ブレーキなど、安全運転を支援する装置によって、すべてのドライバーの安全をサポートします。
その安全性の高さから、セーフティ・サポートカーS(ワイド)、セーフティ・サポートカーに認定されています。

引用:https://toyota.jp

日産エクストレイルは、ニッサンインテリジェントモビリティという取り組みによって、最上級の安全装備が搭載されています。
ドライバーのストレスを軽減し、ドライブをより楽しい時間へと誘ってくれます。

トヨタRAV4と日産エクストレイルはどっちが買い?リセール率、買取が高いのは?

引用:https://toyota.jp/rav4/design/

最後に、トヨタRAV4と日産エクストレイルの、リセール率や買取価格の高さを検証します。

トヨタRAV4は現行モデルが発売されて間もないため、詳細なデータは確認できませんでしたが、過去のモデルを見てもリセールバリューは高いことが予想されます。

引用:https://toyota.jp

新車の販売台数も好調で、コンパクトSUVの人気も高いため、中古車市場でも需要が多いことが予想されます。
新車登録から5年後の平均的なリセールバリューは50%ほどですが、トヨタRAV4に関しては60%ほどの残価率も十分に期待できるでしょう。

関連記事➡RAV4新型のリセールバリューと下取り価格

そして日産エクストレイルも、リセールバリューの高い車として、中古車市場で認知されている車種です。
新車登録から5年後のリセールバリューは、買取実績などを踏まえた平均値では55%となっていました。
さらに人気のグレードやボディカラーというプラス要素が加われば、相場より高値の買取も期待できます。

まとめ

引用:https://toyota.jp/rav4/design/

今回は、トヨタRAV4と日産エクストレイルについて、価格・燃費・大きさ・スペック・リセールなどそれぞれの違いを検証し、どっちが買いなのか徹底比較しました。

どちらも似た様なスペックを持っていますが、デザイン性やコンセプトは異なります。
購入を検討する際には、数値以外の印象もしっかり体感するために、じっくり試乗をしてみることをオススメします。

RAV4が値引から更に50万円安くなる!その方法!!

「新車が欲しいでも予算が…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「ディーラーをいくつも回るのは面倒…」
「グレードは下げたくない…」
「査定後のディーラーの売り込みがイヤ」

などなど、
新車の購入を検討してみると
悩みが尽きない…

という方、
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したけど
「聞かれてもわからない」
「ディーラーに行けばいいんじゃない」

と一蹴される始末。

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届くわけではないし。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

⇩⇩無料診断してみる⇩⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩


下取り車を高く売るには?

下取り車である
あなたの愛車を高く売るには
一社だけでなく数社に査定をしてもらう事が
必要になります。

数社というと何社くらいが良いのか
というと、最低でも3~5社!

3~5社回ることで、
相場が見えてくるので
交渉もしやすくなり、
一番高値で提示してくれた
業者に決めることができます。

ですが!!

3~5社回るとなると、
結構な重労働になりますよね。

しかも、査定時間に30分くらいかかります。

そして、
当然その後は営業マンからの
営業が始まります。

スタートは買取り限度額より、
50万くらい安く始まります。

またそのやりとりには、
時間もかかり、押しに弱い人は
断ることもできず、しぶしぶ
売却することにもなりかねません。

ではどうしたら!?

 

⇩⇩無料診断してみる⇩⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩

下取りは必ずクルマ買取りオークションを使うこと!

失敗せずにしかも、
納得がいく金額

下取り車をどこよりも高く売る方法
そのワザというのが!
クルマ買取りオークションを利用する事なんです。

先ほども
お伝えしましたが、
愛車を高く売るには
買取り業者を数社まわる必要があると
おつたえしました。

これができるのが、
クルマ買取りオークションなんです。

クルマ買取りオークションは
一回の査定で最大5000社以上の店舗から
買取のオファーが受けられるサービスなんです。

あなたの愛車の情報が
ネットオークションに掲載され、
最大5000社から買取りオファーが
受けられる新しい買取りサービスになります。

一括査定サイトはもう古い!?

一括査定サイトが少し前に
流行りましたが、利用者の評判が
良くなかったということがあり
今では利用者が減っています。

一括査定サイトは申し込んだ瞬間に
自分の情報が複数の買取り店に渡ってしまう事。

更に、たくさんの業者からメールや電話が
ひっきりなしに来るので、
利用者にとってはかなりの負担となって
いました。。

口コミや評判では
「結構、面倒だった」
「電話がしつこかった」
「断るのが面倒…」

などなど

こういった一括査定サイトの
デメリットを解決し、
更に
手軽に簡単にわかりやすく
高値で愛車を売ることができる
サービス
クルマ買取りオークションの
ユーカーパック
なんです。

⇩⇩無料診断してみる⇩⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩

買取りオークション「ユーカーパック」メリット!

かんたん」「安心」「高く売れる」が
特徴の「ユーカーパック」

メリットは?

・完全無料
・査定は一回きり
・あなたに代わりオークションに掲載
・最大5000社が入札しあう
・査定から売却を代行
・個人情報が公開されない
・営業電話が無い

などなど上げたらきりがないくらいです。

買取店が参加するオークションなので、
買取店同士が競り合ってくれるので、
高い買取価格に繋がります。

ディーラーで30万円しかつかなかった
下取り車が買取りオークションでは
60万円や70万円になることは
多々あります。

過去には50万以上高く売れることも…

更に
マツダRX-7(2002年車)が
150万くらいで売れたら良いと思ったら
311万円まで上がって
ビックリしたなんていう
利用者もいました。

買取りオークションは
買取業者が
あなたの愛車をオークションで
競り合う形になりますので
どんどん金額が上がっていくんです

⇩無料診断してみる⇩
⇩カンタン60秒査定⇩


ユーカーパックが人気の理由

「ユーカーパック」
今、一番高値で
車を売ることができる
と、注目されている
買取オークションサイト
なんです。

ユーカーパック
最大5000社の買取業者
オークションで競り合うサービスです。

あなたは買取りオークション
に車を登録するだけ!

後は買取業者が競り合って
くれるので、結果を待つだけ。

その「ユーカーパック」
人気の理由は

60秒程度でできる
簡単な入力であなたの
愛車の最大の下取り価格が
わかる
こと。

電話やメールが無い
という事。

一番の理由は
どこよりも高い買取り金額を
実現できるという事なんです。

しかも、査定方法は
とっても簡単!

スマホやパソコンがあれば
簡単かつすぐに
査定金額がわかるんです。

この手軽さも人気の秘訣

実際に利用した人が
「ディーラーで30万円だった下取りが
このサイト経由で査定したら50万アップの
80万円になった」

という口コミもあり、
かなりネット上で話題となりました。

「ユーカーパック」は
新しい買取りサービスで
本当に最高レベルの
買取りオークションと言えます。

登録されている買取業者も
「ガリバー」を始め、誰もが知っている
業者や、今まさにその車を
欲しがっている業者など
が多数登録しているんです。
そんな業者が
競い合うんですから
必然的に高値になりますよね。

このサイトを活用し
愛車の下取り価格を上げることで、
実質、値引き額が大きくなったのと
同じことですから、
もう、ディーラーの値引きに
悩むことはないはず。

実際、
ディーラーの値引き価格というのは
実質相場が決まっているんです。

ですから
いくら頑張っても
たいして増えないのが現状なんです。

⇩無料診断してみる⇩
⇩カンタン60秒査定⇩


ディーラーの値引き価格の相場を越える値引きをさせるには?

先ほど、ディーラーの値引き価格は
実質相場が決まっているという
お話をしましたが、
例外があります。

それは、下取りがある場合なんです。

商談時、ディーラーの営業マンは
下取り価格を安くし、
値引き価格を大きく見せるテクニック
を使います。

そうすることで、
損失分を相殺するというやり方を
使います。

ここで大事なのが

あなたの愛車を下取りに
出す予定と伝えることです。

そのうえで、
値引き価格を増やしてもらえば
良いのです。

そして、購入を決める時に、

「やっぱり下取りに出すのは辞めます」

と、こう伝えるだけでいいんです。

営業マンとしては
一度提示した値引き金額を
なかったことにはできませんからね。

この方法の成功事例は
数多く上がっています。

私も営業マン時代、
この方法をとられたことがあり、
上司に怒られるほどの値引を
したことがあります。

この方法が新車を最安値で購入する
必殺の裏ワザなのです。

⇩無料診断してみる⇩
⇩カンタン60秒査定⇩