RAV4のおすすめオプションとパーツ!純正ナビの性能

引用:https://toyota.jp

新型RAV4のメーカーオプションやディーラーオプションでおすすめのパーツや純正ナビについてまとめてみました。
「RAV4を買ったら選ばなきゃ絶対損!」なオプションやナビを厳選しました!
とくに購入した後では遅いメーカーオプションについては必見の内容になっています!

RAV4の絶対抑えたいメーカーオプションとディーラーオプションを紹介!

引用:https://toyota.jp

新型RAV4に乗る上で絶対に外せないオプションについてここではまとめてみました。
メーカーの工場でしか取り付けができないメーカーオプションと販売店であるディーラーで取り付けられるディーラーオプションの違いを含めて、説明をしていきたいと思います。

まずメーカーオプションとは車の製造者である工場が車を生産する家庭で組み込むオプションです。
例えばサンルーフやシートや、レーダーサポートなどの安全装備が当てはまります。
メーカーオプションは購入後に付け直すことができないので、購入後に後悔がないようにしっかり悩んでおいた方が良いです。
2019年4月から東京はトヨタモビリティ東京として統合

ディーラーオプションは車の販売者であるディーラーが納車直前に取り付けるオプションです。
フロアマットやシートカバーが当てはまります。
車が出来上がった状態で取り付けられるオプションなので、もちろん購入後しばらくしてから追加で取り付けることが可能です。
なのでメーカーオプションほど悩む必要はないのがポイントです。

関連記事

新型RAV4のおすすめのメーカーオプション

引用:https://toyota.jp

新型RAV4でおすすめのメーカーオプションを紹介します。

パノラマムーンルーフ(チルト&スライド電動ムーンルーフ)

引用:https://toyota.jp

価格140,400円
Adventure/G"Zpackage"/G/HYBRID"G"にメーカーオプション
「パノラマムーンルーフ、チルト&スライド電動ムーンルーフ」は新型RAV4の屋根いっぱいがガラスで自然光がたっぷり車内に注ぐというメーカーオプションです。
その他のメーカーオプションは市販品で代用ができたりしますが、ムーンルーフは代用ができません。


チルト&スライド電動ムーンルーフ

引用:https://toyota.jp

価格108,000円
X/HYBRID"X"にメーカーオプション


デジタルインナーミラー

引用:https://toyota.jp

通常時のルームミラー

引用:https://toyota.jp

デジタルインナーミラーONの状態

引用:https://toyota.jp

価格43,200円 (X/HYBRID"X"は54,000円
G"Zpackage"に標準装備、他のグレードはメーカーオプション
家族でお出かけ時やたくさんの荷物を乗せたときなどに本当に助かるオプションですね。
しかももの凄く見やすいし、後方車両からミラー越しに顔を見られないのもいいですよね。


バックカメラ

引用:https://toyota.jp

価格 27,000円
G"Zpackage"/G/HYBRID"G"に標準装備、他のグレードにメーカーオプション
メーカーオプションでバックカメラを設定すると綺麗に収まって良いですね。


ハンズフリーパワーバックドア

引用:https://toyota.jp

価格 75,600円(HYBRID"G"は16,200円
G"Zpackage"に標準装備、Adventure/HYBRID"G"はメーカーオプション可
ハンズフリーパワーバックドア!これはめちゃくちゃ便利です。
両手が塞がってバックドアに触れらない時とかって意外とあるんですよね。
車に触れずに開けられるのは傷もつかないから安心ですよね。

関連記事


ステアリングヒーター

引用:https://toyota.jp

価格 79,920円
G"Zpackage"/G/HYBRID"G"に標準装備、Adventureにメーカーオプション
冬場の冷たいステアリングが温かいって快適ですよね。
冷たい手が運転してるだけ温まるんですからね。
ちなみにステアリングヒーターを設定すると、自動的にステアリングがウレタンから本革巻きステアリングとなり、アドベンチャーグレードは快適温熱シート+シートベンチレーションが同時に設定されます。
ステアリングヒーターと快適温熱シートは冬場に大活躍しますよね。
女性にはとても嬉しい装備ではないでしょうか。

引用:https://toyota.jp

更にシートベンチレーションが装備されることで夏場の合成皮革のムレから解放されるのも嬉しいですね。
アドベンチャーのグレードは専用合成皮革が標準設定ですから、夏場は暑いからこのシート表皮を避けてきたユーザーにとってうれしい装備であることは間違いなしです。


リアクロストラフィックオートブレーキ

引用:https://toyota.jp

ブラインドスポットモニター

引用:https://toyota.jp

セットで価格66,960円
G"Zpackage"/G/HYBRID"G"に標準装備、他のグレードはメーカーオプション
前向き駐車をせざるを得ない場合、後退しなくてはならない時左右って見えないですよね。
しかも、駐車場って事故率が高いんですよね。
でも、リアクロストラフィックオートブレーキを設定していれば、死角を無くしてくれます。
ブラインドスポットモニターは車線変更時にとても役に立つ機能!
ミラーでは確認しきれない箇所を、代わりにセンサーが周りにいる車両を検知してくれます。
高速道路や車線が多い道路で安全を確保してくれます。

新型RAV4のおすすめディーラーオプション

引用:https://toyota.jp

次はおすすめディーラーオプションです。
このオプションは納車後も装着できますので、迷っている時などは後でゆっくりと考えたうえで購入をしてみてくださいね。

アームレスト(スライドタイプ)

引用:https://toyota.jp

定価12,000円
アームレスト(スライドタイプ)はコンソールボックスのフタがスライド移動するので、自分にあったポジションにアームレストを持ってこれます。
長時間ドライブには欠かせないオプションになるでしょう。


エンジンスターター

引用:https://toyota.jp

価格 47,520円
スマートキー一体型とベーシックタイプとありベーシックタイプはスマートキーと別にエンジンスターターのリモコンキーを常備する必要があります。
エンジンスターターがあれば、夏は涼しい車内、冬は暖かい車内を乗車前に作れるから車庫から出るときには快適なドライブ!
オプション装備することで、真冬や真夏に車を乗車前に快適温度にすることができるのであると嬉しいオプションですよね。


リバース連動ミラー

引用:https://toyota.jp

価格 16,200円
リバース連動ミラーは後退時にサイドミラーが下方を映し出せるように角度を変えてくれるので、縁石や段差、コインパーキングのバーなどタイヤ付近の死角を解消してくれます。


RAV4のおすすめメーカーオプション、ディーラーオプション まとめ

どうでしょうか?
メーカーオプションは注文時に設定しないと後付けができない為、よく考えて装備したいですね。
RAV4をあなた好みにするためのオプションですが、メーカーオプションはお車を手放すとき、査定評価が高くつきますので損はないと思います。
ディーラーオプションは焦らずゆっくりと考えることができますので、注文をした後に「やっぱり」と思ってからでも遅くありませんから気軽に考えて良いと思います。

関連記事

RAV4のナビ機能紹介!付けるならこのナビ!

引用:https://toyota.jp

カーナビはもはや必需品となっています。
どこに行くのでも住所さえわかればナビが連れて行ってくれるので、とても便利な世の中になったものです。
どんなナビでも目的地には案内をしてくれる現代だからこそ、ナビ機能にはスペック以上に使いやすさが求められます。
そのような観点から新型RAV4のおすすめナビとそのナビ機能についてご紹介します。

引用:https://toyota.jp

純正ナビで人気モデルであり、いちばんのおすすめモデルが「T-Connectナビ 9インチモデル」です。
この「T-Connectナビ 9インチモデル」いちばんのポイントは画面サイズです。
9インチという大きさでマップの視認性は抜群です。
画面が広い分、先の道を見ることができますし、タッチパネルであるカーナビは画面が大きい方が操作性も高く、レスポンス良く操作することができます。

引用:https://toyota.jp
引用:https://toyota.jp

こちらの「T-Connectナビ 9インチモデル」はオプションで後部座席に12.1型ディスプレイをつけることもできます。

新型RAV4の誰もがくつろげる後部座席に大きな画面がつき、まるで飛行機のビジネスクラスのような空間になります。
お子様がいるご家庭でもDVDなどの動画を流したりでき、家族全員が満足いただけるでしょう。

引用:https://toyota.jp

他にもドライブレコーダーやバックモニターもオプション追加できるので車での旅行や長時間ドライブも安心していただけます。
今や常識となったiPodの入力端子にも対応しています。

引用:https://toyota.jp

スピーカーはハイレゾ対応の「プレミアムダブルツィーターシステム」となっており、大好きな自分の音楽をまるで目の前で演奏している可能ような圧倒的なサウンドを楽しむことができます。
新型RAV4を選んだらこの「T-Connectナビ 9インチモデル」一択と言えるでしょう。

RAV4で人気のT-Connectナビ 9インチモデル機能

引用:https://toyota.jp
引用:https://toyota.jp

人気のナビ、T-Connectナビ 9インチモデル機能をご紹介します
このナビはただ、目的地を案内してくれるだけではありません。

引用:https://toyota.jp

上記の様にこれだけの機能がついているんです。
トヨタのコネクティッドサービスを受けられるようにするにはDCM(Data Communication Module)の装着が必要なのですが、
RAV4は全車DCMが標準で装着されています。
ドライバーのあなたとつながるコネクティッドサービスの基本使用料は最初の3年間は無料となっています。
4年目からは年間12,960円の基本使用料がかかります。
では、コネクティッドサービスはどんなサービスなのかご紹介します。

DCMとは?

専用通信機のことをいいます。RAV4は標準装備したコネクティッドカーです。
クルマとトヨタスマートセンターが通信でつながり、24時間カーライフをサポート!
更にT-Connectナビの装着で、より充実したサービスが利用可能です。
運転中ドライバーに代わってオペレーターが好みのお店を調べたり、さまざまなサービスをお届けします。

引用:https://toyota.jp

①オペレーターサービス

オペレーターサービスは365日24時間専門の専門のスタッフが対応するサービス。
ナビに話しかけるだけで運転中のドライバーに代わって、オペレーターが行きたい場所や、レストラン、駐車場、病院などの検索をし、ナビに情報を送信してくれます。


②エージェントサービス

エージェントサービスはエージェントが音声を認識して目的地や情報の検索をしてくれるサービス。
話しかけるで知りたい情報や目的地などを検索してくれるので快適なドライブが送れます。


③マップオンデマンド/ハイブリッドナビ

マップオンデマンドは新しい道路情報、地図データを最長5年間無料でダウンロード更新できるサービス。
高速道路などの最新情報が最短即日で反映されるので、ノンストレスで快適なドライブを提供してくれます。
ハイブリッドナビはトヨタスマートセンターで収集した、リアルタイムの走行情報やVICS等の外部情報を組み合わせた膨大なデータを用いて、センター内に保有する地図データで最適なルートを探索し、ナビに配信します。
また案内ルートを外れた時は素早く対応してほしいですよね。
そんな時はルートの再探索をナビでの処理へとハイブリッドに切り替えます。


④eケア(走行アドバイス)

eケア(走行アドバイス)は警告灯の点灯があった場合にアドバイスをしてくれるサービス。
警告点灯→ナビ画面表示→eケアコールセンターへ連絡でき→そのまま走行して大丈夫かどうかなど相談ができるので車に詳しくなくても安心。
しかも24時間365日受けられます。心強いですね。
更にeケアコールセンターでの応対内容は、販売店などにも連絡がいくのでサービス入庫の案内も来たりしますので良いですよね。


⑤ヘルプネット(エアバッグ連動タイプ)

ヘルプネットとは事故や急病時に、専門オペレーターが警察や消防に取り次ぎ、緊急車両の手配をしてくれるサービス。
突然の事って焦りますよね?そんな時、専門オペレーターが応対してくれ、必要なときは警察や消防に取り次ぎ、迅速な緊急車両の手配を行います。また、エアバッグが作動してしまう様な大事故のときは自動でオペレーターに接続してくれるので安心ですね。


⑥マイカーSecurity

マイカーSecurityサービスは、お車を離れた後に窓の開閉状況、施錠の状況を押してくれるサービス。

引用:https://toyota.jp

オートアラームが作動した場合はスマホなどに通知がきたり、必要であれば車を追跡することも可能。
RAV4のドアの開閉状況、うっかり施錠忘れなども確認できます。


⑦ドライブ診断

ドライブ診断はドライバーの運転をクルマが自動で診断するサービス。
ドライバーの運転をクルマが自動で診断し、採点とアドバイスをスマホアプリに配信。
日頃の運転を改善することが可能です。


⑧スマホアプリ「MyTOYOTA for T-Connect」(無料)

スマホアプリ「MyTOYOTA for T-Connect」はアプリをダウンロードして登録するだけで、RAV4のさまざまのことをスマホでチェックできるサービス。
RAV4の日々の状態、セキュリティ状況、販売店とのコミュニケーション、事故・故障の際にアプリが助けてくれたり、ラインを通じてRAV4と会話ができたりもします。

ナビの進化も凄いですね。
今は目的地案内や音楽を流す、テレビが見れるだけではないんです。
ユーザーと車を繋げる橋渡しになっているんですね。
社外のナビではここまでのサービスは受けられません。
トヨタのサービスを最大限生かすにはT-Connectナビは欠かせませんね。

関連記事

RAV4のおすすめオプションと人気パーツはこれ!

引用:https://toyota.jp

最後に新型RAV4のおすすめオプションと人気パーツについてご紹介していきます。

まずおすすめオプションについてですが、安全装備面でメーカーオプションの「インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ]」と「リヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ]+ブラインドスポットモニター[BSM]」です。

引用:https://toyota.jp

インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ]」が定価26,000円

引用:https://toyota.jp

リヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ]+ブラインドスポットモニター[BSM]」が定価62,000円となっています。

引用:https://toyota.jp

「インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ]」はガラスや壁などの静止物を検知して、自動でブレーキを踏み被害を軽減してくれる安全装備です。
コンビニの駐車など前向き駐車をする際のアクセルの踏み間違いなどによる事故を未然に防いでくれます。

関連記事

「リヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ]+ブラインドスポットモニター[BSM]」は後方から接近する車両を検知し自動でブレーキを踏んでくれる安全装備です。
こちらも前向き駐車からバックで出る際などに別の車と衝突したり、自転車にぶつかってしまったりする可能性を減らしてくれます。

引用:https://toyota.jp

「インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ]」と「リヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ]+ブラインドスポットモニター[BSM]」は自分が事故の加害者になる可能性を減らしてくれる安全装備なので、万が一の時に備えて導入しておいた方が良いおすすめオプションです。

関連記事

引用:https://toyota.jp

次に人気パーツですが、やはりサイドバイザーでしょう。
サイドバイザーは雨天時の換気に役立つバイザーです。
RAV4に限らず多くの方が取り付けている人気パーツで、RAV4の場合定価30,000円で取り付けることができます。

ご家族で運転するなら緊急通報機能を持ったドライブレコーダーをオススメします。

ご家族の中で少し運転に自信がない方がいたり、ご高齢のが方が運転される場合、ご自宅で外出中のクルマのことを気にかけて見守っているご家族の方は不安なことも多いかと思います。

そのようなご家族にオススメしたいのが、通信機能を搭載したドライブレコーダーです。こちらは事故発生時にドライブレコーダーの緊急通報機能によりボタン1つでコールセンターにつながり助けを求めることができます。
※強い衝撃を受けた場合は自動でコールセンターにつながるそうです。

また同時にご家族宛にLINEやメールで通知が届くようになっているので大変心強いです!

初心者やご高齢のドライバーがいるご家庭にオススメのドライブレコーダーです。

事故などのトラブルを未然に防ぐ意識も大切ですが、それでもアクシデントはつきものです。保険審査時にはドライブレコーダーの動画なども状況証拠となりますので、まだドライブレコーダーをつけていない方は検討してみてはいかがでしょうか。

  • 市販ドライブレコーダーとして初めて通信機能を搭載!
  • サブスクリプションなので端末の初期投資は不要!
  • 「HELPNET」サービスによる緊急通報機能の「後付け」に初めて対応。
    万が一の事故やトラブルの際にはプロによる迅速な対応でドライバーを救援!
  • 事故やトラブルの際は緊急通報と同時に離れた場所に居る家族にも通知するから安心!
  • 先進の安全運転支援によって事故のリスクを軽減。

下取りは必ずクルマ買取りオークションを使いましょう!

ここでは、わたしが個人的にオススメしているクルマ買取りオークションについてご紹介させてください。

ほとんどの皆さんがクルマの買い替え時にはディーラーに下取りを出していると思います。でも待ってください。これ、一番損な方法かもしれません。(もちろん手間を考えるといちばん楽ですよね。)

今までも一括査定サイトで見積もりを取ることはできましたが、いろいろな提携業者から電話がかかってきてうんざりしたことはないでしょうか?

そこでオススメなのが、ユーカーパックです。

ユーカーパックは今、一番高値でクルマを売ることができると注目されている買取りオークションサイトで、最大5,000社の買取り業者がオークションで競り合うサービスです。あなたはオークションにクルマを登録するだけで、後は結果を待つだけ。

さらに人気の理由は、30秒程度の時間であなたの愛車の最大の下取り価格がわかること。そしてありがたいのは連絡はユーカーパックからだけなんです。

ディーラーの値引き価格は実質相場が決まっているので、値引き交渉に時間を費やすくらいなら、こちらのサイトからさくっと査定をして高額査定を狙いましょう



ディーラーの値引き価格の相場を越える値引きをさせるには?

ディーラーの値引き価格は実質相場が決まっていますが例外もあります。それは下取りがある場合なんです。

商談時にディーラーの営業マンは下取り価格を安くし、値引き価格を大きく見せるテクニックを使います。そうすることで、損失分を相殺するというやり方です。

ここで大事なのがあなたの愛車を下取りに出す予定と伝えることです。そのうえで、値引き価格を増やしてもらえば良いのです。そして購入を決める時に、「やっぱり下取りに出すのは辞めます」と、伝えるだけでいいんです。

営業マンとしては一度提示した値引き金額をなかったことにはできませんからね。この方法の成功事例は数多く上がっています。私も営業マン時代にこの方法をとられたことがあり、上司に怒られるほどの値引をしたことがあります。

この方法が新車を最安値で購入する必殺の裏ワザなのです。

※ただしあくまでも私個人の考えなのでこの通りうまくいくかはわかりません。
 確実なのは、ユーカーパックさんを使えば下取り車の高額査定が狙えます!