RAV4 vs トヨタCHR比較!価格大きさ燃費はどっちが勝る?

下取りは必ずクルマ買取りオークションを使うこと!

失敗せずにしかも、
納得がいく金額

下取り車をどこよりも高く売る方法
そのワザというのが!
クルマ買取りオークションを利用する事なんです。

愛車を高く売るには
買取り業者を数社まわる必要が
あるんです!

これができるのが、
クルマ買取りオークションなんです。

クルマ買取りオークションは
一回の査定で最大5000社以上の店舗から
買取のオファーが受けられるサービスなんです。

あなたの愛車を高値で売る
新しい買取りサービスになります。

ディーラーで30万円しかつかなかった
下取り車が買取りオークションでは
60万円や70万円になることは
多々あります。

過去には50万以上高く売れることも…

⇩無料診断してみる⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩


RAV4はクロスオーバーSUVの先駆け的存在ですが、同じトヨタ車にはCHRという強力なライバルがいます。
共にトヨタを代表する先進的なSUV車ですが、RAV4とトヨタCHRには、具体的にはどのような特徴があるのでしょうか。
今回は、RAVとトヨタCHRを徹底比較します。
人気グレードの価格・大きさ・燃費・買取り相場では、どっちが優れているのでしょうか。

スポンサードリンク

RAV4 vs トヨタCHR 人気グレード価格比較


まずは、RAV4とトヨタCHRの人気グレードの価格を比較します。

 【RAV4】人気グレードの価格帯は?

引用:https://toyota.jp

SUVの従来のイメージとしては、アウトドアに強く車体が大きく丈夫さが求められ、非常に男性的な特色が強く打ち出されていました。

そんなSUV車の概念を買えるように登場したRAV4は、手頃なサイズ・価格・燃費性能で、ユーザー層を広げたクロスオーバーSUV車を作り上げられた先駆け的な存在と言えます。
近年では多くのライバル車が登場していますが、長らくこのジャンルにおいてはシーンを牽引していた車種だと言えるでしょう。

関連記事➡RAV4 vs トヨタ・ハリアー比較!価格大きさ燃費はどっちが勝る?

RAV4の新車価格帯は、2,608,200円〜3,817,800円となっています。
新型モデルは、徐々に全容が明らかになっていますが、お手頃に価格帯に加えて基本性能をバランスよく高めることによって、このクラスのクルマでは唯一無二と言えるスペックを実現しています。

引用:https://toyota.jp

従来のモデルにおいてもバランスの良さが特徴的でしたが、ライバル車が増えてきた現状を受けて、プレミアム感も開発時のコンセプトとして重視された傾向が見られます。
人気のグレードにおいては、発売前であるため統計が出せていませんが、手頃な価格帯であることからもハイブリッド車の人気が高いのはないかと、推測できます。

 【トヨタCHR】人気グレードの価格帯は?

引用:https://toyota.jp

トヨタCHRは、比較的歴史の浅いクルマですが、コンパクトSUV 2018年度販売台数ランキングで1位を獲得するなど、非常に多くのユーザーから支持されているクルマです。
走行性能や燃費性能を見ても操作性が高いことが特徴で、さらに人気を押し上げる要因として、価格設定が低く求めやすい点にあります。

引用:https://toyota.jp

C-HRのグレードごとの新車価格は、2,290,000円〜2,979,200円となっています。
RAV4と比較すると、各グレードにおいて2割ほど安く設定されていることが、特徴です。
カーマニアの間では、RAV4新型はトヨタCHRとどのような違いを出すのかが、注目されていました。

関連記事➡RAV4の実際に感じるサイズ感は?トヨタ他車とのサイズ比較!

引用:https://toyota.jp

単純に価格だけ見ると、RAV4はリーズナブルな部分よりも、性能や質感の高さなどを重視したことが伺えます。トヨタCHRを価格以上の上質感を提供してくれることで定評がありますが、RAV4においては、より基本性能にこだわられ、シートの座り心地やパーツひとつひとつのディテールを見ても、その違いを体感することができそうです。

引用:https://toyota.jp

車両価格が安いのはトヨタCHRという結果になりましたが、コストパフォーマンスの高さは、基本性能・維持費・ユーザーの満足度など様々な側面から検討されます。
実際にこの価格差と同じくらいコストパフォーマンスの違いがあるのかも、気になる点ではあります。

関連記事➡RAV4の後部座席と荷室容量検証!RAV4で車中泊する方法

スポンサードリンク

RAV4 vs トヨタCHR 大きさの違い


続いては、RAV4とトヨタCHRの大きさの違いを検証します。

【RAV4】大きさの違いは?

引用:https://toyota.jp

歴代モデルを見るとコンパクトに設計された印象が強かったRAV4ですが、新型においては非常に肉厚な設計になっていることがわかります。
コンパクトSUVのデザインの傾向としては、先進的で都会的な雰囲気を持つ車種が多いのですが、北米市場も見据えてのことなのか、デザインを見ても頼り甲斐のある印象を受けます。
引用:https://toyota.jp

新型RAV4のフロントマスクは、同じく北米市場で人気のあるハイラックスなどと似た特徴が見られます。
角張ったようなボディの形状と、アクティブさの中にもスタイリッシュさが共存するブラックのホイールアーチは、レクサスUXの雰囲気も感じます。

関連記事➡RAV4新型の内装・内装色・内寸をご紹介!

引用:https://toyota.jp

RAV4の標準モデルのボディサイズは、全長4,600mm×全幅1,855mm×全高1,685mmとなっています
このサイズ感は、ホンダCR-Vと近く、全長を抑えめに設計しつつも全幅が広いため、ゆとりある室内空間を実現しています。

後部座席においても足元空間がしっかり確保でき、荷室容量も580Lと大容量の設計になっています。
サイズが大きいとなると、取り回しのしやすさがやや気になりますが、RAV4には高性能の安全装備が搭載されます。

引用:https://toyota.jp

狭い路地や駐車場など操作性が求められるポイントでも、安全にハンドル操作をアシストしてくれる機能が備わっているので、安心できるでしょう。 

関連記事➡RAV4の外寸と外装をチェック!機械式駐車場は入るのか?

【トヨタCHR】大きさの違いは?

引用:https://toyota.jp

トヨタCHRのデザインコンセプトは、RAV4とは異なる印象を持ちます。
SUV車として本来あるべき姿を体現したRAV4に対し、トヨタCHRはスタイリッシュさと遊び心を共存させた印象を受けます。

低重心さが際立つ全体的なシルエットからは、トヨタCHRが持つ先進性も感じることができます。
男女ともに飽きのこない、ドライブを楽しめるデザインだと言えるでしょう。

引用:https://toyota.jp

RAV4との大きさの違いが気になりますが、トヨタCHRのボディサイズは、全長4,360mm×全幅1,795mm×全高1,550~1,565mmとなっています。

やはりどの点においても、RAV4が一回り大きな結果となりました。
サイズが大きいと室内空間もよりゆとりを持って設計できるメリットがあるため、単純に比較するとRAV4の方が余裕のあるドライブを楽しめるのではないでしょうか。

引用:https://toyota.jp

同じコンパクトSUVではありますが、大きさの違いは見た目や実寸からも感じることができます。
クルマのボディサイズを大きくすることは、メリットとデメリットがそれぞれありますが、RAV4は操作性の低下というデメリットを補完する装備や設計において、弱点をうまくカバーしているという特徴もあります。

デザインにおいては好みが分かれるポイントなので、女性ユーザーも多いトヨタCHRとは、どういったユーザー層の棲み分けになるのかも注目です。

スポンサードリンク

RAV4 vs トヨタCHR 燃費比較


続いて、RAV4とトヨタCHRの燃費について比較をします。

【RAV4】燃費性能について

引用:https://toyota.jp

RAV4は、直列4気筒の2.0L直噴ガソリンエンジンと、2.5Lのハイブリッドエンジンに大きく分けられます。

2.0Lガソリンエンジンは、レクサスUX200と同じエンジンが採用され、先進的な機能や部品が搭載されていることが特徴です。
最大トルク21.1kg-m(4,800rpm)最高出力171PS(6,600rpm)と、同じ排気量のクルマと比較してもトップクラスの性能を持っています。

引用:https://toyota.jp

そしてハイブリッド車には、レクサスESと同じ環境性が高いエンジンが搭載されています。
RAV4に搭載されているハイブリッドは、動力性能が高いことも特徴です。
動く・走る・止まるというクルマの基本性能を高いレベルで引き出し、ダイレクト感のある走りを楽しむことができます。

関連記事➡レクサスUX250hとUX200の違い!価格・燃費・スペック比較

引用:https://toyota.jp

RAV4のカタログ燃費はWLTCモードで計測されています。
ガソリン車が15.2km/L~15.8km/Lで、ハイブリッド車は、20.6km/L ~21.4km/Lという燃費性能です。

クルマの燃費にはサイズ感も関わってきますが、車重を考慮しても驚異的な燃費だと言えるでしょう。
高い走行性能を持ちつつ、先進的な技術が採用されたエンジンによって、環境性も両立していることがわかりました。 

 

【トヨタCHR】燃費性能について

引用:https://toyota.jp

トヨタCHRRAV4と同じく、ガソリン車とハイブリッド車を選択することができます。

トヨタCHRのガソリン車は、アクセルを踏んだときのレスポンスの高さが特徴的です。
排気量が小ささをターボによるトルクでカバーしているので、日常での走りに全く不満はないと言う評価が多いです。

トヨタCHRハイブリッド車は、環境性が高く燃費が優れていることが大きなメリットと言えます。
また、EVモードでの走行中は静粛性に優れ、快適な車内空間を創造しています。

引用:https://toyota.jp

トヨタCHRのカタログ燃費を見ると、ガソリン車で15.4km/L~16.4km/Lハイブリッド車で30.2km/Lとなっています。

一見トヨタCHRの方が燃費が良いように見えますが、トヨタCHRのカタログ燃費はJC08モードでの計測となっています。
RAV4とは測定方法が違うので、数字を並べての比較はできませんが、JC08モードはWLTCモードより実燃費との差が大きいとも言われています。

引用:https://toyota.jp

それを踏まえて考えると、あまり大きな差がないと考えられますが、各ユーザーの使用環境によって実燃費は変わってくるため、今後増えてくるであろう実燃費のレビューもチェックすることをオススメします。

関連記事➡RAV4グレード別スペック!加速性能とその乗り心地は?

RAV4 vs トヨタCHRの買取り相場予想


最後にRAV4とトヨタCHRの5年後の買取相場について予想します。

2019年春に発売される新型RAV4に関しては、まだ具体的なデータが出せませんが、過去のモデルを振り返るとリセールバリューは平均値より若干高い結果となっています。
クロスオーバーSUVというジャンルは、近年ライバル車が急増しましたが、全体的に人気の高いジャンルであるため、5年先を考えても安定的に人気が高いことが予想されます。

引用:https://toyota.jp

したがって、新型RAV4は他の車の買取相場より高値で買い取られることが期待できます。
5年落ちのクルマで新車価格の60ほどが目安になると予想します。

引用:https://toyota.jp

一方で、トヨタCHRもデビューからまだ間もないクルマですが、中古車市場では安定的に車両を見かけることができます。
まだデビューから5年は経過していないため、過去の統計からの予想はできませんが、現在の需要を見ていると、5年先のリセールバリューも高いことが伺えます。

ただ、新車販売台数が多いことから、供給過多になる懸念も否めません。
そしてクルマのコンセプトを考えると、RAV4よりトヨタCHRの方がライバル車が多いことが伺えます。

引用:https://toyota.jp

今回のモデルチェンジでプレミアム感を高めたRAV4と比較すると、リセールバリューはやや落ちるのではないかとも感じます。
トヨタCHRは、登録から5年のクルマで新車価格の55%ほどになるだろうと予想します。

あくまで独断での予想ですので、リセールバリューを保証するものではありませんが、リセールバリューを考慮して購入を検討する際には、一つの参考としてとらえてください。 

まとめ


今回は、RAVとトヨタCHRを人気グレードの価格・大きさ・燃費・買取り相場で徹底比較し、どっちが優れているのか検証しました。


引用:https://toyota.jp

同じクロスオーバーSUVというジャンルではありますが、プレミアム感を高めたRAV4と手頃な価格帯のトヨタCHRでは、特徴も若干異なります。
それぞれの特性をよく見極めつつ、クルマ選びをすることをオススメします。

RAV4が値引から更に50万円安くなる!その方法!!

「新車が欲しいでも予算が…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「ディーラーをいくつも回るのは面倒…」
「グレードは下げたくない…」
「査定後のディーラーの売り込みがイヤ」

などなど、
新車の購入を検討してみると
悩みが尽きない…

という方、
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したけど
「聞かれてもわからない」
「ディーラーに行けばいいんじゃない」

と一蹴される始末。

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届くわけではないし。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

⇩⇩無料診断してみる⇩⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩


下取り車を高く売るには?

下取り車である
あなたの愛車を高く売るには
一社だけでなく数社に査定をしてもらう事が
必要になります。

数社というと何社くらいが良いのか
というと、最低でも3~5社!

3~5社回ることで、
相場が見えてくるので
交渉もしやすくなり、
一番高値で提示してくれた
業者に決めることができます。

ですが!!

3~5社回るとなると、
結構な重労働になりますよね。

しかも、査定時間に30分くらいかかります。

そして、
当然その後は営業マンからの
営業が始まります。

スタートは買取り限度額より、
50万くらい安く始まります。

またそのやりとりには、
時間もかかり、押しに弱い人は
断ることもできず、しぶしぶ
売却することにもなりかねません。

ではどうしたら!?

 

⇩⇩無料診断してみる⇩⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩

下取りは必ずクルマ買取りオークションを使うこと!

失敗せずにしかも、
納得がいく金額

下取り車をどこよりも高く売る方法
そのワザというのが!
クルマ買取りオークションを利用する事なんです。

先ほども
お伝えしましたが、
愛車を高く売るには
買取り業者を数社まわる必要があると
おつたえしました。

これができるのが、
クルマ買取りオークションなんです。

クルマ買取りオークションは
一回の査定で最大5000社以上の店舗から
買取のオファーが受けられるサービスなんです。

あなたの愛車の情報が
ネットオークションに掲載され、
最大5000社から買取りオファーが
受けられる新しい買取りサービスになります。

一括査定サイトはもう古い!?

一括査定サイトが少し前に
流行りましたが、利用者の評判が
良くなかったということがあり
今では利用者が減っています。

一括査定サイトは申し込んだ瞬間に
自分の情報が複数の買取り店に渡ってしまう事。

更に、たくさんの業者からメールや電話が
ひっきりなしに来るので、
利用者にとってはかなりの負担となって
いました。。

口コミや評判では
「結構、面倒だった」
「電話がしつこかった」
「断るのが面倒…」

などなど

こういった一括査定サイトの
デメリットを解決し、
更に
手軽に簡単にわかりやすく
高値で愛車を売ることができる
サービス
クルマ買取りオークションの
ユーカーパック
なんです。

⇩⇩無料診断してみる⇩⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩

買取りオークション「ユーカーパック」メリット!

かんたん」「安心」「高く売れる」が
特徴の「ユーカーパック」

メリットは?

・完全無料
・査定は一回きり
・あなたに代わりオークションに掲載
・最大5000社が入札しあう
・査定から売却を代行
・個人情報が公開されない
・営業電話が無い

などなど上げたらきりがないくらいです。

買取店が参加するオークションなので、
買取店同士が競り合ってくれるので、
高い買取価格に繋がります。

ディーラーで30万円しかつかなかった
下取り車が買取りオークションでは
60万円や70万円になることは
多々あります。

過去には50万以上高く売れることも…

更に
マツダRX-7(2002年車)が
150万くらいで売れたら良いと思ったら
311万円まで上がって
ビックリしたなんていう
利用者もいました。

買取りオークションは
買取業者が
あなたの愛車をオークションで
競り合う形になりますので
どんどん金額が上がっていくんです

⇩無料診断してみる⇩
⇩カンタン60秒査定⇩


ユーカーパックが人気の理由

「ユーカーパック」
今、一番高値で
車を売ることができる
と、注目されている
買取オークションサイト
なんです。

ユーカーパック
最大5000社の買取業者
オークションで競り合うサービスです。

あなたは買取りオークション
に車を登録するだけ!

後は買取業者が競り合って
くれるので、結果を待つだけ。

その「ユーカーパック」
人気の理由は

60秒程度でできる
簡単な入力であなたの
愛車の最大の下取り価格が
わかる
こと。

電話やメールが無い
という事。

一番の理由は
どこよりも高い買取り金額を
実現できるという事なんです。

しかも、査定方法は
とっても簡単!

スマホやパソコンがあれば
簡単かつすぐに
査定金額がわかるんです。

この手軽さも人気の秘訣

実際に利用した人が
「ディーラーで30万円だった下取りが
このサイト経由で査定したら50万アップの
80万円になった」

という口コミもあり、
かなりネット上で話題となりました。

「ユーカーパック」は
新しい買取りサービスで
本当に最高レベルの
買取りオークションと言えます。

登録されている買取業者も
「ガリバー」を始め、誰もが知っている
業者や、今まさにその車を
欲しがっている業者など
が多数登録しているんです。
そんな業者が
競い合うんですから
必然的に高値になりますよね。

このサイトを活用し
愛車の下取り価格を上げることで、
実質、値引き額が大きくなったのと
同じことですから、
もう、ディーラーの値引きに
悩むことはないはず。

実際、
ディーラーの値引き価格というのは
実質相場が決まっているんです。

ですから
いくら頑張っても
たいして増えないのが現状なんです。

⇩無料診断してみる⇩
⇩カンタン60秒査定⇩


ディーラーの値引き価格の相場を越える値引きをさせるには?

先ほど、ディーラーの値引き価格は
実質相場が決まっているという
お話をしましたが、
例外があります。

それは、下取りがある場合なんです。

商談時、ディーラーの営業マンは
下取り価格を安くし、
値引き価格を大きく見せるテクニック
を使います。

そうすることで、
損失分を相殺するというやり方を
使います。

ここで大事なのが

あなたの愛車を下取りに
出す予定と伝えることです。

そのうえで、
値引き価格を増やしてもらえば
良いのです。

そして、購入を決める時に、

「やっぱり下取りに出すのは辞めます」

と、こう伝えるだけでいいんです。

営業マンとしては
一度提示した値引き金額を
なかったことにはできませんからね。

この方法の成功事例は
数多く上がっています。

私も営業マン時代、
この方法をとられたことがあり、
上司に怒られるほどの値引を
したことがあります。

この方法が新車を最安値で購入する
必殺の裏ワザなのです。

⇩無料診断してみる⇩
⇩カンタン60秒査定⇩